もう頬づえをついてもいいですか? (実業之日本社文庫)

著者 :
制作 : 渋谷 展子 
  • 実業之日本社
3.26
  • (1)
  • (7)
  • (7)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 62
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408550350

作品紹介・あらすじ

AからZのアルファベットで始まる26本の映画について、歌人・枡野浩一が短歌を詠み、語る。独自の視点と率直な語り口の映画コラムは、可笑しく切なく綴られ、ときに私小説にも近づく。シネマ文字ライター・渋谷展子により字幕化された短歌と、映画や短歌に想を得て写真家・ハニーが切り取った風景とともに、スクリーンに映し出される一本の映画のように楽しめる一冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • AtoZで升野さんの短歌と映画を巡るエッセイ、八二一さんの写真、渋谷展子さんのシネマ文字のコラボ的なプロジェクトです。映画エッセイと言っても全編升野さんの離婚を巡る文章が多くて、こんなにも私生活と仕事が密接なのがアーティストなのかなぁと驚く。まあ升野さんならではなのかもしれない。私は面白く読めたけれど、こういう人との結婚生活はきびしいのかも。元妻側の言い分もわからないしなんとも言えないけれど。『あるきかたがただしくない』も読んでみたくなった。

  • 自分が好きなぷぷっと笑ってしまうような短歌の源流にいる人として、よく枡野さんの名前があがる。しかも、映画も紹介してるらしい。ということで一石二鳥だと思って読んでみた。

    結論を言うと、そんなに好きになれなかった。ちょっと嫌いになったくらいだ。素人ながら、前々から枡野さんの短歌の大味さが合わないと思っていた。コラムを読んで、それが気のせいではないと分かった。そもそも枡野さんは映画マニアではないらしい。同い年の友達から映画を勧められた時と似た感覚を覚えた。

    また、ある映画について「仕事と私生活を混同するな、とはよく言われる言葉だけど、もともと密接に混じりあっているものを別々に考えるほうが嘘なんじゃないか」と語っているように、枡野さんの映画の感想も私生活と混じりあっている。連載時期が良くなかったのだろう、後半は毎回毎回、自身の離婚について書いている。読み心地は良くない。私は枡野さんと性別が違うので、元奥さんの方に同情してしまう。性別が同じだったとしてもたぶん枡野さんに同情してなかったと思う。

    とはいえ、他人から映画をレコメンドされる体験は悪くないなと思えた。それはいい発見。自分でディグるのには、関連の限界があって、どんなにディグっても触れれない領域が存在すると思う。今回紹介された映画の半分は耳にした事もない映画だったし、確実にいくつかは観たくなった。押井守の映画50年50本を次は読もうかな。

    好きだった短歌
    ・愛という字は乱暴にでかく書く なるべく詩には見えないように
    ・馬鹿なんて言うやつが馬鹿なんだろう 愛してるってもう言ったっけ?
    ・VSのあとに愛しい名を置いた 対等であるふりをしたくて

  •  アルファベット順に1本ずつタイトルの映画を選び、その映画についての短歌とエッセイを写真と白黒ページが並ぶ。ページをどんどんめくるのが気持ちがよかった。ところが枡野浩一さんが、『クレイマークレイマー』のあたりから離婚問題を抱えてしまい、一気にトーンが暗くなる。「死」や「絶望」といった言葉が出て来て不穏な雰囲気になっていた。写真家と編集者と枡野さんがそれぞれあとがきを書いていたのだが、写真家と編集者はそのことに全く触れていないのが余計に不穏な感じがした。

  • パンがない
    愛もないけど朝だった

    ケーキをひとり
    食べて笑った

    初めて降りた駅で
    ぶらっと歩いてたら見つけた古本屋で
    背表紙をボーっと眺めて
    手に取ったこの本。

    まだ晩ご飯を食べれていない。
    そういうこと。

    短歌集としても
    映画評としても
    エッセイ集としても
    楽しめた。

    特に自分が観た映画についての
    筆者の独特な感想が新鮮で
    「もう一度観返したくなる」

    全体がバラバラなようだけど
    読み終わると短歌で
    繋がってるような気がした。

    僕の本棚にこの背表紙が並ぶ。

  • 映画評論と短歌と写真。
    この組み合わせ、おしゃれ~
    けど、映画、ほとんど見たことないやつばっかりだったので。
    しかも、読んで見たくなったりもしないので。
    短歌はやっぱり好きだな~と思うけど、映画はいらなかったんじゃ・・・

  • 著者は歌人らしいのだけど、それは知らない。純粋に映画エッセーかと思って読んだ。 面白かった。
    著者が実生活で別居し離婚して子供に会えない、そんな私小説が入り込み、映画のことよりそれがメインだったりして、織り込まれる短歌も相まって刹那面白い。なにか独特の味わいの本だった。 文字が少ないからあっという間に終わった。 見ていない映画の回もあって、それありかよ(笑)

全6件中 1 - 6件を表示

枡野浩一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
枡野 浩一
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×