徳川家康 トクチョンカガン (実業之日本社文庫)

著者 :
  • 実業之日本社
3.19
  • (3)
  • (3)
  • (6)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 39
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (576ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408550909

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 130111

  •  荒山徹 著「徳川家康トクチョンカガン」を読みました。

     朝鮮の義勇軍に参戦していた元信は、豊臣秀吉率いる日本軍に捕らえられ、徳川家康の影武者に仕立て上げられる。豊臣に恨みを抱く元信は、怪しげな朝鮮忍者を駆使して豊臣滅亡をもくろむ。関ヶ原の戦いや大阪の陣の裏で一体何が起きたのか。そして、徳川秀忠と柳生宗矩は阻止することができるのか。

     関ヶ原、大阪の陣というあまりにも有名な歴史の裏でこのような戦いがあったと誰が想像できるのか、それはまさに山田風太郎亡き後、この荒山徹をおいて他にいないという意気込みが伝わってきそうな読み応えたっぷりの歴史エンターテイメントでした。

     家康の影武者が朝鮮人だったという設定にも驚かされますが、そういう展開で歴史をなぞらえていくと、思わず納得してしまいそうに感じざるを得ない所もさすがだと感じました。

     また、表の戦いでの登場人物はみな歴史上の人物を配しつつ、裏の戦いでは得体の知れないすさまじい忍者を描くところも楽しめました。

     特に、自分の好きな霧隠才蔵が最後まで物語に関わってくる所などもうれしいかぎりでした。

     結末も荒山徹らしい終わり方でやられました。

     これからも歴史の裏から歴史のおもしろさを描いていってほしいと思いました。
     

  • 無茶な設定でもこういう脚色も割りきって読めばそれなりに愉しいからよいのではないでしょうか。映画とかにしたら面白いかも。

  • 設定に多少無理があるが、軽い読み物としては楽しめた。最後のオチは、冷やっとする落語のオチ見たいで良い。

  • 面白い伝奇小説。ここまで奇想天外であると、軽い読み物としては、つい引き込まれました。でも、設定が奇抜すぎて、共感出来ません。あり得ないですよ(笑)
    決して、隆慶一郎氏の名作、影武者徳川家康と一緒にして欲しくないと思います。

  • 朝鮮人である必然性がない。動機が卑小すぎる。。。

  • かなり大胆な話しを“軸”にしながら、所謂“時代伝奇”、「妖しいモノを含むアクションが入って来る時代劇エンターテイメント」として綴られている。なかなかに愉しい…

全7件中 1 - 7件を表示

プロフィール

作家

徳川家康 トクチョンカガン (実業之日本社文庫)のその他の作品

荒山徹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
池井戸 潤
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする