主よ、永遠の休息を (実業之日本社文庫)

著者 :
  • 実業之日本社
3.35
  • (41)
  • (223)
  • (269)
  • (64)
  • (13)
本棚登録 : 1792
レビュー : 197
  • Amazon.co.jp ・本 (432ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408550978

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 〝実録映像〟は何故出現した!?

    通信社社会部の記者・鶴田吉郎は、コンビニ強盗の犯人逮捕を偶然スクープ。
    現場で遭遇した男から、暴力団事務所の襲撃事件について訊ねられた吉郎は、
    調査の過程で、14年前に起きた女児誘拐殺人事件の〝実録映像〟が
    ネットで配信されていたことを知る。
    犯人は精神鑑定で無罪とされていた…。
    静かな狂気に呑み込まれていく事件記者の吉郎…。

    再読でした (*´ー`*)
    随分前に読んでいたのに、あまりに衝撃的・あまりに残酷で辛くなった。
    すぐに読んだ本の内容を忘れてしまう私でも大筋の粗筋は、
    記憶に刻み込まれていました。
    誰も救われない…。

    主人公の吉郎の視点と吉郎が偶然遭遇したコンビニ強盗事件。
    そのコンビニで働く桐江の視点で物語は進んでいく。
    桐江の一人称の視点での語りが切なかった。
    様々な要素が複雑に絡んでいますが、点と線が少しずつ繋がっていく…。
    誉田さんらしく、綺麗に回収され纏められている。
    宮崎勤の事件をモチーフにしているが、そこに母親を絡めた事で、
    苦しさが数倍にも増している。
    狂気に支配されている子供に翻弄される母親…切ないし、辛い。
    先日、丁度宮崎勤事件のスペシャル番組を観たばかりだった。
    そんな時にこの本を読んだのも何かの運命かなぁ。

    桐江の最後は哀しかった。
    救いが欲しかったなぁ。
    でも、現実ってこんなものなのかもしれない。
    そして、この本を読んで誉田さん、やっぱり流石だなぁって思った。

    本当に必要なのは、少なくとも真実や真相ではない。
    必要なのは説明と解釈、誰にとっても等しい真実はない
    印象的な言葉でした。

  • 最後の1ページを読んだ瞬間、涙がこぼれた。
    もう稲垣が胸糞悪いし、、桐江とお父さんの人生を思うと、、今まで読んだ誉田作品の中で本作が一番救いがないかも。。
    『主よ、永遠の休息を』って、なんでこんなタイトルにしたんだろう。。
    あー、本当に気分が落ち込んだ。
    でも誉田中毒。(>人<;)

  • ほとんどイッキに読み終えたとき、周りの空気が一瞬薄くなったような気がした。
    そして何より、まったくこの話のとおりではないにしても、似たような被害にあった子供や稲垣みたいにな人間がいるという現実に気が滅入る。

  • 誉田哲也さんの作品は姫川玲子シリーズに始まり、今まで沢山読んでいます。
    正直、あまりに残酷で辛くなるストーリーも多々あります。
    今回もそういう感じでした。
    真実はあまりに残酷。
    誰も救われない。
    読み終わって、しばし呆然...
    そういうタイプの。
    それでも、誉田作品は気になってしまうんです。
    心の闇って、時に人を惹き付けるんでしょうか...
    だけど...出来ればあまりにも不幸な展開ではなく、救いも欲しい、そう思います。

    この本の表紙は好きです。素敵だと思います。
    唯一の、「救い」かな。

  • 主人公は若手の記者。しかし、誉田哲也さんの描く警察小説のいずれにも増して、ハードな事件の全貌を描いている。ある意味、警察小説よりも警察小説らしいと言ってよいだろう。この作品も非常に面白かった。

    序盤は『ハング』のようにいささかヌルい展開で、中盤から終盤の鬼気迫るストーリー展開を感じさせない。それ故、事件の全貌を知った時の驚きは、計り知れないのだ。

    『主よ、永遠の休息を』…タイトルのセリフは…のセリフだったんだな。

  • 通信社社会部の記者・鶴田吉郎は、コンビニ強盗の犯人逮捕を偶然スクープ。現場で遭遇した男から、暴力団事務所の襲撃事件について訊ねられた吉郎は、調査の過程で、14年前に起きた女児誘拐殺人事件の“実録映像”がネット配信されていたことを知る。犯人は精神鑑定で無罪とされていた…。

  • 通信社の記者・鶴田と、コンビニ店員の桐江。2人の視点で語られる物語。14年前の女児誘拐殺人事件の真相とは。2度も尊厳を踏みにじられ、おまけに自殺してしまう桐江が不憫だ。

  • 前フリ長!と思った。でも後半はかなり読むスピード上がった。
    最後の数行で不覚にも泣いてしもた…。

  • 題名が秀逸。恥ずかしい話だが、読了し表紙を見るまで題名を忘れていた。だがそれが功を奏したのか、題名を見て感動した。彼女に向け、永遠の休息を祈っているのではないのだろうか。
    後味が悪い作品が好きなので、わたしは好きでした。

  • 14年前に起きた少女誘拐殺人事件。
    犯人は精神鑑定の末、措置入院という形で社会復帰。
    それだけでも居たたまれないのに、そこにはまさかの「真実」が!
    面白くて頁をめくる手が止まらないが、同時に、同じような事件に遭遇された被害者を思うと儚く、悲しい。
    最後の3頁、涙が滲みます。

全197件中 1 - 10件を表示

主よ、永遠の休息を (実業之日本社文庫)のその他の作品

誉田哲也の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

主よ、永遠の休息を (実業之日本社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする