堕落論・特攻隊に捧ぐ - 無頼派作家の夜 (実業之日本社文庫)

著者 : 坂口安吾
制作 : 七北 数人 
  • 実業之日本社 (2013年12月5日発売)
4.00
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :40
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (360ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408551555

作品紹介・あらすじ

人間だから堕ちるのであり、生きているから堕ちるだけだ。
<br/>
<br/>安吾の言葉が私の人生を支えている――西川美和(映画監督)<br>戦後無頼派の代表的作家・坂口安吾の代表作と酒にまつわる小説・エッセイ等を多数収録したオリジナル作品集。戦後の文壇に新風を吹き込んだ「堕落論」などのエッセイはじめ、「白痴」「桜の森の満開の下」などの代表的小説、GHQの検閲により削除された幻のエッセイ「特攻隊に捧ぐ」、安吾、太宰、織田作が女について奔放に語る鼎談「歓楽極まりて哀情多し」文庫初収録。

堕落論・特攻隊に捧ぐ - 無頼派作家の夜 (実業之日本社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 織田作之助・太宰・安吾の2回目の貴重な対談を収録。「小股のきれあがった女とは」太宰「小股ってアキレス腱じゃないか」意味不明である。「八つの女の子がいい」衝撃ロリ発言の安吾。祇園での遊び方のルールを教える織田作に「嘘教えてる」「嘘教えてる」と二度突っ込む太宰。彼らは酔っているのだろうか。かなり笑った。この対談が読みたくて本書を購入したので収録されてる安吾さんの傑作選はまたゆっくり読みたいと思います。表紙は安吾お気に入りの写真とのこと。たしかにシブかっこいいです。

  • 特攻隊に捧ぐを読みました。言葉にするのが難しい。自分の考え方が甘っちょろいなと。日本を残してくれてありがとうございます。

全2件中 1 - 2件を表示

坂口安吾の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ミヒャエル・エン...
坂口 安吾
梶井 基次郎
谷崎 潤一郎
ジェームス W....
坂口 安吾
有効な右矢印 無効な右矢印

堕落論・特攻隊に捧ぐ - 無頼派作家の夜 (実業之日本社文庫)はこんな本です

ツイートする