十津川警部 西武新宿線の死角 (実業之日本社文庫)

著者 :
  • 実業之日本社
4.00
  • (3)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :35
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408551593

作品紹介・あらすじ

通勤客でごったがえす朝の西武新宿線高田馬場駅のホームで、若い女性が刺殺された。周囲の状況からストーカーが犯人とされ、警視庁捜査一課の西本刑事の友人が逮捕される。被害者は、公益法人「交通事故調査会」の職員で、昨秋に起きた北陸本線の特急サンダーバード脱線転覆事故を調べていた。十津川警部の捜査と並行して、友人の無罪を信じた西本は独自に動き出す!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 西武新宿線・高田馬場駅で一人の女性が殺害された。
    逮捕されたのは十津川警部の部下である西本刑事の友人。
    そんな筈はない・・・と西本は捜査を始めたところ、新たな展開が待ち受けていた・・・

  • 西武線から始まり、今回はどこに行くんだ?とワクワクしていたら、和倉温泉へ。
    しかし、今回は十津川警部は東京居残り。

    あれ、タイトルとなんか微妙に違う…と思いつつ、
    西村氏の安定のいつものシリーズ展開になっている。

    最後の章で、逮捕状の請求がなぜ出来たのか考えてもわからん。雰囲気か?

  • 普段利用している路線と駅が舞台になっていたので☆4つ。
    実際ラッシュ時に殺人事件が起きたら嫌だね。

  • いやもう、ホントにチョイ役だけど、橋本豊が出てくるっぽいのが嬉しいわけです!!

全5件中 1 - 5件を表示

十津川警部 西武新宿線の死角 (実業之日本社文庫)のその他の作品

西村京太郎の作品

十津川警部 西武新宿線の死角 (実業之日本社文庫)はこんな本です

ツイートする