ファミリー・レストラン (実業之日本社文庫)

著者 : 東山彰良
  • 実業之日本社 (2014年12月5日発売)
2.15
  • (0)
  • (0)
  • (4)
  • (7)
  • (2)
  • 本棚登録 :41
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408552033

作品紹介

私たちを招いたのは誰?殺人ディナーの謎を解け!金持ち整形外科医に誘われて瀟洒なスペインレストランを訪れた女と客たちの前で、突然店の主人は自分の首を切る。「あなたもサバイバーですか」という謎の言葉を遺して。やがて客たち全員を巻き込んだ「死」のゲームが始まる。この店に客を招いたのは誰なのか。そして究極の選択を迫られた人々の運命は!?鬼才が贈る戦慄のホラーサスペンス!

ファミリー・レストラン (実業之日本社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  直木賞作家、東山彰良をはじめて読んでみた。閉鎖空間に閉じ込めらた人たちが、迫る死の恐怖と戦うっていう、今はやりのシチュエーション・スリラー仕立てのお話。趣向が少し凝っているのは閉じ込められた空間が、ファミレスってとこかな、読者がファミレスである必要性を感じるならばこの話は成功しているといえる。

  • 山奥に一軒だけポツンと建っているレストラン。
    このレストランを舞台に物語は始まる。
    同僚を出し抜いて店の上客と共に訪れたホステス。
    おだやかに食事を楽しむ夫婦。
    料理のうんちくを語りたがるオーナー。
    そして、突如わめきながらレストランに乱入してくる男。
    随所に哲学の問答のような場面が登場する。
    そこで語られる抽象的な概念。
    読んでいて、物語が目指している着地点も、物語の意図も、理解することができなかった。
    ある目的をもって集められた人たち。
    彼らの命運は、歪んだ思考に支配された人たちに握られている。
    生きる選択肢が残されている者。
    自らの死をもってあがなうしかない者。
    どのような選択をすれば正解だというのだろう。
    一方的に押しつけられた正義は、歪んで黒ずんでいる。

    評論家ではない自分にとって、物語は面白いかそうでないかの二種類しかない。
    テーマや内容が自分にあうかどうか。
    哲学的な考え方を読むのは嫌いではないけれど、どうやら私にはあわない物語だったようだ。

  • 話の展開が飛びすぎで最後良くわからなくなります。
    最終的な結末までの展開がかなり強引で付いていくのがやっとでした。
    序盤は伏線の貼り方がうまく話しにひきつけられたので、
    その感じで最後までスマートに話が纏まってくると
    もっと楽しく読めた気がしました。

全3件中 1 - 3件を表示

ファミリー・レストラン (実業之日本社文庫)のその他の作品

東山彰良の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ピエール ルメー...
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

ファミリー・レストラン (実業之日本社文庫)はこんな本です

ツイートする