桜田門のさくらちゃん (実業之日本社文庫)

著者 : 加藤実秋
  • 実業之日本社 (2016年4月6日発売)
2.75
  • (0)
  • (2)
  • (9)
  • (4)
  • (1)
  • 本棚登録 :46
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408552859

桜田門のさくらちゃん (実業之日本社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 脇を含めて個性的なキャラが多くて、会話のやりとりが楽しい。
    さくらちゃんが自分の欲望に忠実なのが良いです。

  • シリーズ2冊目。
    警視庁=通称・桜田門に勤める事務職員のさくらが、エリート刑事が持ち込む事件をひらめきで解決していく。
    あっさりしすぎて、ひらめきもイマイチわかりずらい。
    今回の終了のような終わりかた、続編はなさそう。
    (電子書籍 楽天kodo)

  • 2016/10/31(月曜日)

  • 楽しめました。
    これで終わりかな???

  • ドラマ化してほしい〜〜続編出してほしい〜〜定時で帰りたい

  • あいかわらずのさくらちゃん(笑)
    前作の最後があれだったので、まだ桜田門にいるの?どうつながるのって思ったけど、なるほど(笑)
    気軽に楽しめるし、短編集なので、途切れ途切れに読んでも楽しめるのが○

  • 1冊目と同じくライトなミステリーだった。コメディタッチでドラマ化しやすそうなネタですが、色々なドラマの決めセリフを言うところがネックになってドラマ化できなそう。
    なんとなくこの巻で終わりそうな感じだけど、どうだろう。

全8件中 1 - 8件を表示

桜田門のさくらちゃん (実業之日本社文庫)のその他の作品

加藤実秋の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

桜田門のさくらちゃん (実業之日本社文庫)はこんな本です

ツイートする