星々たち (実業之日本社文庫)

著者 :
  • 実業之日本社
3.93
  • (15)
  • (21)
  • (17)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 152
レビュー : 24
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408553139

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 章ごとに視点が変わる短編連作で、誰かひとりの人物について描く…という小説は前にも読んだことがあるけれど、こういう感覚は初めてだ。
    感動というか、凄い、と唸る感じ。

    奔放な実母・咲子とも、2度目の結婚で自分が産んだ娘とも生き別れた塚本千春という女。
    ひとつの関係に囚われず北の大地をさすらう千春の、数奇な性と生、そして彼女と関わる人々の、光と闇の物語。

    桜木紫乃さんと言えば、幸薄い北海道の女を描かせたら天下一品、というイメージ。
    南国ではなく北国だからこその厳しさや寒さ、乾いた空気が、物語全体をモノクロの風景に変えているように感じる。

    1冊通して塚本千春という女を描いている。そのはずなのに、最後まで千春が本当はどんな女なのか分からないままの不穏さ。
    どんな経過を辿ったのかは描かれているけれど、千春が何を思いどんな風に考えてその道を辿ったのか、そして後悔や悲しみ等はあったのか、というのがまったく分からないところが、独特ですごく良かった。
    ひとりの人をただの人として見つめるとき、実際こんなものなのかもしれない、と思ったりした。
    言葉で語ったとしても感情の全ては分からないのだから、語られないところにその人の真実を見つけるのは不可能に等しい。「こう思う」「こうだったのではないか」というのは、ただの想像に過ぎない。

    北海道のなかで土地は転々と変わるものの、千春と関わった人たちは皆、北の大地でつましく暮らしている。
    安定した職に就く人、金に困っている人、夜の世界に生きる人、夫婦で静かに暮らしている人…実際そこらに生きているような人々の、悲しみや小さな幸せや日々の暮らし。
    小さく光りながらやがて消滅してゆく命たち。
    ドラマチックではないけれど、それぞれに生きた分のドラマがある。

    全ての人が共通して語る千春の像は、細い身体にそぐわぬ大きな胸、美人ではないが妙に惹き付けられるような雰囲気、無表情で無口、何を考えているか分からない…。
    客観的に見れば明らかに不幸な生い立ちと理不尽な人生。それなのにただの不幸な女とは片付けられない不穏な魅力。
    千春もまた、小さく光っていつかは消える“星々”のひとつなのだ。

  • 評価は5.

    内容(BOOKデーターベース)
    奔放な母親とも、実の娘とも生き別れ、昭和から平成へと移りゆく時代に北の大地を彷徨った、塚本千春という女。その数奇な生と性、彼女とかかわった人々の哀歓を、研ぎ澄まされた筆致で浮き彫りにする九つの物語。

    とっても良い話ばかりだった。皆皆身勝手なんだけど人間らしい。短編集で主人公は都度変わるのだが結局全てがつながっており1つの物語を読み終えた感がある。

  • 母、娘、孫の女三代を軸にした短編集。親子の絆なしに、北国で過剰な期待をせずに淡々と生きる。いびつだけれど輝く星。こういったのは桜木さんならではだなあ。

  • 忘れていて2度借りた。
    昭和歌謡曲のような切ない痛い連作。
    でも地方都市には今でもあるのかな。

  • どんな人生にだって煌めき、輝く瞬間がある
    奔放な実母・咲子とも、二度目の結婚で授かった娘とも生き別れた塚本千春という女。昭和から平成へ移りゆく時代、血縁にとらわれず、北の大地をさすらう千春は、やがて現代詩の賞を受け、作家を夢見るが…。千春の数奇な性と生、彼女と関わる人々が抱えた闇と光を、研ぎ澄まされた筆致で炙り出す。桜木ワールドの魅力を凝縮した、珠玉の九編!

  • 久々に良い女流作家に出会えました

  • 北海道、小樽、札幌、旭川、帯広、釧路、根室など北の大地を舞台に、過酷な運命に翻弄される母娘三代の女性、咲子、塚本千春、田上やや子の物語。「星々たち」(2016.10)、連作9話。何とも心にずしりと重くのしかかる桜木紫乃の世界です。客観的には苦労の連続に見える3人、特に咲子と千春、でも、それぞれが生を全うし、むしろ幸せに生きているかに思えるのが不思議です。著者の「力」と思います。彼女たちの辛い人生をなぞっているのに、心はなぜか暖かくなってきます!

  • 「星々たち」というタイトルがぴったり。登場人物それぞれが、きらきら美しく輝く、というのではなく、自分の命を少しずつ燃やして、ちかちかと光っているようなイメージ。桜木紫乃さんの静かな文章が大好きです。言葉にしづらい感情や、もやもやして言い表せない気持ちをさらっと表現していて、それが心に沁みたり刺さったり。作家さんて本当にすごいなあと思います。

  • 咲子、千春、やや子という母娘三代に渡る大河物語です。
    登場人物の設定、ストリートの展開が素晴らしいの一言です。

  • 星3.5くらい!
    読み終わった後なんとも言えないどんよりな気持ちになってしまった。。なんと不運な星の下に生まれてしまったんだ…特に千春さんよぅ。。不憫で不憫でもう。
    各章の巧みな繋がり具合はさすが桜木さんだなと思いました。

全24件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1965年北海道生まれ。2002年「雪虫」で第82回オール讀物新人賞を受賞。07年、同作を収録した『氷平線』で単行本デビュー。13年、『ラブレス』で第19回島清恋愛文学賞、『ホテルローヤル』で第149回直木三十五賞を受賞。『ワン・モア』『起終点駅(ターミナル)』『ブルース』『それを愛とは呼ばず』『霧(ウラル)』『裸の華』『氷の轍』『ふたりぐらし』『光まで5分』『緋の河』等、著書多数。

「2020年 『砂上』 で使われていた紹介文から引用しています。」

桜木紫乃の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
朝井 リョウ
湊 かなえ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×