時限病棟 (実業之日本社文庫)

著者 : 知念実希人
  • 実業之日本社 (2016年10月6日発売)
3.48
  • (34)
  • (115)
  • (140)
  • (20)
  • (6)
  • 本棚登録 :866
  • レビュー :121
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408553160

時限病棟 (実業之日本社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 謎の死の真相を掴み 廃病院から脱出せよ!!
    目覚めると、彼女は病院のベッドで点滴を受けていた。なぜこんな場所にいるのか?監禁された男女5人が脱出を試みるも…。ピエロからのミッション、手術室の男、ふたつの死の謎、事件に迫る刑事。タイムリミットは6時間。大ヒット作『仮面病棟』を超えるスリルとサスペンス。圧倒的なスピード感。衝撃の結末とは…。医療ミステリーの超傑作、文庫書き下ろし!

  • 「仮面病棟」と同じ、田所病院が舞台。
    病院が舞台というだけでゾクゾク、しかも廃墟だし、それに最近流行りのような「リアル脱出ゲーム」のように、クリアしていかないといけない・・・

    まさか、あの人がって感じで体張ってます。
    ピエロってなんか怖いよね。

  • 医療とリアル脱出ゲームを融合したタイムリミット・サスペンス。書き下ろし文庫化。

    何故か麻酔を打たれ、廃病院に監禁された5人の男女。ピエロから次々と下されるミッション。5人の運命や如何に…

    残念ながら、設定とトリックに少し欲張り過ぎた感がある。タイムリミット後に待ち構えていることが大したことが無いので、然程のスリルは感じなかった。また、数々のミッションも余りに簡単にクリアされるので、些か拍子抜けだった。それでも、意外な犯人の正体と医療を背景にしたとんでもない仕掛けには目を見張るものがあった。

  • 2018年の本屋大賞にノミネートされている
    知念実希人さんの病棟シリーズ。
     
    年始に天狼院書店で行われた
    著者対談に行かせていただいた際に
    この作品を購入→サインしていただきました。
     
    SCRAPの謎解きイベント好きの人には
    絶対に読んでほしい作品。
     
    私も何度か参加してますが、
    クリアできたのはごくわずか。
     
    この作品の謎も自力では全然解けず( ノД`)
     
    廃病院で爆発に巻き込まれて終わりそうです(;^ω^)

  • 途中からなんとなく展開が分かってしまったが、書き方がいい意味で軽く、するすると一気読みしてしまった。

  • 通勤時間でさらっと読むのにちょうどよかった。
    あらすじから期待したエンタメを過不足なく読ませてくれた感じ。

  • 「仮面病棟」を読んですぐに
    この「時限病棟」を読んだ。

    仮面病棟は、
    読みながら犯人が誰だか早い段階から
    この人だろな~、って分かってしまい

    それでも読むのを止められないくらいグイグイ読めた。

    今回も、早い段階から

    というより、仮面病棟を読んだから余計に早く
    ほぼ最初の方から
    この感じだとこの人が犯人だな、と思った。

    でも、仮面病棟の時に
    ラストの驚きがあったので、

    今回も期待大で読み進めた。

    面白かったし、
    読みやすくあっという間に読めたのだけど、

    流れが仮面病棟と同じだから、

    もしかしたら、
    仮面病棟を読んですぐに読むのではなく、

    時間をあけて読んだ方が
    面白かったかもしれない。

  • やっぱり面白かった。
    ちょっと悲しい終わり方だったけど
    知念実希人さんの作品はどれも良い!
    脱出ゲームしたくなって
    スマホの脱出ゲームアプリをやりました。

  • 適当かは分からないが、思っていたものと違った。
    事件はどんどん流れていって、気付けば終息していく。個人的には、もっと緊迫感やドキドキ感、あとは登場人物のことをもっと知りたかった。

  • 家族の絆・・・

    廃病院となった田所病院に拉致された男2人、女3人。
    5人はある医師の死に何か絡んでいると思われる。
    5人を拉致したクラウンと名乗る人物は医師の死の真相を解明しようと5人に脱出ゲームと称した謎解きを与える。
    解明できなければ仕掛けたガソリンに火が付き全員死んでしまう。与えられた時間は6時間
    5人それぞれが何か隠している。
    次々に真相が明らかになって最後は思いもよらない人物の正体が。

    前作「仮面病棟」も読んだが今回の「時限病棟」の方が面白かったです。
    知念さんは医師のようで、細かい医療用語なども散りばめられより緊張感が出てドキドキハラハラで一気読みでした。

全121件中 1 - 10件を表示

時限病棟 (実業之日本社文庫)のその他の作品

時限病棟 (実業之日本社文庫) Kindle版 時限病棟 (実業之日本社文庫) 知念実希人

知念実希人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
恩田 陸
ピエール ルメー...
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

時限病棟 (実業之日本社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする