マル暴甘糟 (実業之日本社文庫)

著者 :
  • 実業之日本社
3.69
  • (6)
  • (10)
  • (11)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :76
  • レビュー :13
  • Amazon.co.jp ・本 (412ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408553856

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 甘粕達夫と言えば、任侠シリーズ(『任侠書房」『任侠学園』『任侠病院』)でお馴染みの”マル暴刑事”。
    任侠シリーズでは、阿岐本組の組事務所を訪ねては「お茶なんか出さないでよね~」と言っていた最弱刑事。
    今回はその甘粕が主人公。
    マル暴刑事とはもっともかけ離れていると思われる35歳の巡査部長だが…
    実は最も向いている。
    愛すべきチャラの持ち主。
    シリーズ化されており、第2弾も控えているのだとか。

  • こんなマル暴刑事で大丈夫〜❗️と思わせておいて、おっとどっこい事件解決しちゃたよ。郡原虎蔵(如何にもな名前)とのコンビネーションもバッチリ❓次の『マル暴総監』も楽しみ(^。^)

  • 面白かったです。
    話しも読みやすく、楽しく読めました。ドラマになってもいいかもと思いました。
    アキラが中々憎めない。悪いやつなんだけどね笑

  • 「公務員で定年退職希望」
    仁侠シリーズのスピンオフ。甘糟刑事の物語。
    今野敏さんの話は緩い方好き。

  • ヤクザのことに理解を示しても、決して正当化させないところが良かった。

  • 任侠シリーズでお馴染みの、弱腰マル暴の甘糟さんが活躍する話。甘糟さん、好きだな。

  • このところ多忙につき、読感を書いている時間がない。
    とりあえず、読みましたということで、読了日と評価のみ記載。

  • スピンオフ

  • 史上最弱の刑事という触れ込みで、コメディか?!
    とあまり期待してなかったけど、そこは、やはり
    今野節の効いた刑事のストーリーで、面白かった!
    続巻のマル暴総監も早く読みたい!

  • オビに書いてあった「あの」面々は、何処に出てた?

    すでにシリーズ化されてるようで。

    あっちこっち手広くシリーズ化されているが、だいじょぶか?

全13件中 1 - 10件を表示

マル暴甘糟 (実業之日本社文庫)のその他の作品

マル暴甘糟 単行本(ソフトカバー) マル暴甘糟 今野敏

今野敏の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

マル暴甘糟 (実業之日本社文庫)はこんな本です

ツイートする