「パノラマ島奇譚」殺人事件―江戸川乱歩の事件簿〈4〉 (ジョイ・ノベルス)

著者 :
  • 有楽出版社
2.80
  • (0)
  • (2)
  • (5)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 13
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (243ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408602301

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 残念のひとこと。

    『パノラマ島奇譚』を読んだ直後に読んだのがいけないのでしょうか。
    ただの虎の威を借る駄作、という印象。

    同作の美しさを、引用で自作に乗せようというのも失礼な話です。すっかりもとの良さが消され、踏みしだかれています。
    登場人物の魅力も皆無。
    乱歩と横溝がその人である必然性は全く感じられない上、人間性が薄っぺらい。
    主役も含めて全員人間性の描写に乏しく、愛着も共感も意外さも感じる下地がない。

    謎も謎として成立してない。ただ不明点があるだけ。
    謎解きもあっけなければ、背景に深みもない。
    ましてや、結末が原作のパクリってどうなんですか。
    物書きとしてのプライドすら感じられない。
    小説として三流です。

    期待しただけに残念。
    原作を超えるくらいの意気込みがないなら、パロディなんて書いて欲しくないです。

  • 最終巻まで読んだ自分を褒めてあげたい。

  • 最終話かしらね。
    一番おもろかった。

  • ただの妄想者(創造者)な主人公が、死ぬまで己の美術的センスを発揮しますっっ!

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1960年、福岡県生まれ。日本大学法学部卒業後、歴史雑誌編集者を経て作家となる。『十二階の柩』(講談社)でデビュー。『名探偵夏目漱石の事件簿』(廣済堂出版)で第八回日本文芸家クラブ大賞受賞。『石原莞爾』(PHP研究所)『お宝探偵団とわがままミカド』(学研)など著書多数。

「2018年 『マリー・アントワネットと名探偵! タイムスリップ探偵団眠らない街パリへ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

楠木誠一郎の作品

「パノラマ島奇譚」殺人事件―江戸川乱歩の事件簿〈4〉 (ジョイ・ノベルス)を本棚に登録しているひと

ツイートする