他殺の効用―内田康夫ミステリー・ワールド (ジョイ・ノベルス)

著者 : 内田康夫
  • 有楽出版社 (2004年4月発売)
3.14
  • (0)
  • (3)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :36
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (243ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408602653

他殺の効用―内田康夫ミステリー・ワールド (ジョイ・ノベルス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 短編集でした。内田さんの本は長編の方がいいと思う。この物語は限られた枚数の短い文章の中で強引に終らせたような感じが否めない。

  • 浅見光彦の公式第95事件
    公式第1事件の「後鳥羽伝説殺人事件」にレビュー

  • (収録作品)乗せなかった乗客/透明な鏡/ナイスショットは永遠に/愛するあまり/他殺の効用

  • 珍しいことに、浅見光彦の母の雪江未亡人が、光彦に力になって欲しいと言う男を紹介した。雪江の友人で、ある会社の専務という男である。その会社で、2代目の社長が、仕事場にしているマンションで死体となって発見されたと言う。警察では自殺として処理しようとしているが、あるいは殺されたのかもしれない。ついては、光彦に真相を解明して欲しい、と言うのだ。兄の刑事局長ではなく、自分が相談を受けたと言うので、光彦は大張り切り。早速そのマンションに行ってみると…。

全4件中 1 - 4件を表示

内田康夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

他殺の効用―内田康夫ミステリー・ワールド (ジョイ・ノベルス)はこんな本です

ツイートする