海外パックツアーをVIP旅行に変える78の秘訣

  • 実業之日本社
3.41
  • (3)
  • (10)
  • (19)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 91
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408611204

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 旅行好きな方にオススメの一冊!

    海外旅行ツアーによく行くけど、もう少しツアーの裏側をのぞいてみませんか?
    スケジュールに書かれた時間帯表記の詳細や、買い物目的のベストシーズン。
    あるいは、飛行機の時差ボケやエコノミー症候群の予防法など。

    本書を読んで個人的に印象深かった内容3つを紹介します。
    1つめ、買い物するとき、なるべく商品の金額に近い紙幣を出すべき。
    2つめ、ショッピングの際、ふっかけてくる値段は人種によって変えている。
    3つめ、盗られて困るものを持ち歩かないこと

    本書には78もの秘訣が書いてあります。
    実際には、既に知っていたり、あまり役に立たない内容も、あるかと思いますが、全体の1〜2割でも為になれば、読んだかいはあるかと思います。

    テーマは、78に別れて書かれているので、隙間時間にコツコツ読むことができますよ。

  • 新版が出ているくらいで旧いが、添乗員業務とはどんなものかの勉強にはなる。さて新版がどれくらい違うか。

  • ・レンタルにて。
    ・これを実践してVIP旅行になるかは不明だが、旅行の仕組みやトラブルに遭った際の対処法、また知っておいて損はない情報がいくつかあった。
    ・飛行機の予約の仕組みに明るくなく、なんとなく損をしている気がするので、そのあたりを勉強したい。

  • タビ好きな人間は思うだろう。
    パックツアーなんて、旅じゃないと。

    ボクも比較的そんな類の人間だ。
    自分でタビするフリー旅行こそ旅なのだと。

    そんなボクでも、たまに・・・いや意外にパック旅行を利用する。
    特に、短い滞在期間でヨーロッパを旅するにはパック旅行がお得で効果的だし、パック旅行でもフリープランが多いコースでは、組み立て次第でフリー旅行的なパック旅行に変えることができる。

    本書は、海外パック旅行をわがままにカスタマイズするヒントが満載だ。

    パック旅行のみならず、すべてのタビする人が使える秘訣がある。

    読み物としても、ボリューム満天であり、読んでいるうちにパック旅行や旅行会社、そして添乗員の仕事の裏側を感じることができる。

    すべてのタビする人に78の秘訣が役に立つ。

  • 旅行したい病に罹った時に山ほど買ったハウツー本の中の一つを、積ん読崩しと旅行の予習も兼ねて読みました。
    パックツアーも悪くないんじゃない?と素直に思えるコラムの数々で、格安航空券に関するものや、旅行会社の裏話が面白かったです。

  • 175.05.9/15、4刷、並、カバスレ、帯付
    2011.9/7.津BF

  • 添乗員の視点から描かれており、おもしろい作品!
    お客からよく出る質問やクレームを取り上げて、どうすればよくなるのか、といった実践出来る内容になっている。
    旅行は、周りの環境は変わらないでも、自分の考え方をちょっと変えることで、優雅な旅行か後悔する旅行かが決まる!、ということを教えてくれる。
    パンフレットをとった時点から旅行は始まっており、そのツアー選択のポイントも書かれており参考になった!!

  • 0910

  • 2010.03.24
    我が家は父が団体行動大嫌いな人なので、基本的にフリーツアー派です。別に無理して個人ツアーしてなくって、楽しんで個人ツアーしてるよ。
    そんな個人ツアー派にも役立つ情報はいっぱい~。
    気になる所に付箋つけながら読んでたら10ヶ所以上についた(笑)
    日本帰国したらパッケージツアー利用して色々添乗員さんから情報GETしたいな、って思ったよ^^

    それにしても、添乗員って大変なお仕事だね。私、てっきり担当地区が決まっててそこばかり行くのかと思ってた。あっち行ったりこっち行ったり。お客様の事を考えながら、ツアー中は会社の代表としてそれを1人で背負って臨機応変に働く。旅行が好きだから、という理由だけでは私には無理そうだな;;

    追加として。
    ヨーロッパのホテルではお湯が出たらラッキー、と書いう項があったけど、ちょっと言いすぎかな、って。チェコ在住って事で一応私はヨーロッパのホテルはそこそこの数行ってると思うけど、お湯があまり出なくて困ったのは1、2回かな。シャワーが古かったり温度調節が難しかったり、っていうのもしばしばあるけどまぁ許容範囲。(あ、でも日本ほどのサービスをこっちで期待するのはダメだよ)
    ちなみに泊まるのは星がついてて3つ、星の無いホテルもよく利用するけどそんなに困った事は無い。出版されて5年経ってるので改善されたのかな?バスタブ付のシャワーは確かにあまり多くは無いけど、無きゃ無いで全然問題はないからなぁ。

    あと、いくらお客様のためでも他人を犠牲にするのには共感できなかった(モロッコの件)

    でも、添乗員さんの視点から、私達旅行者に“もっと旅行を楽しんでもらいたい”っていう思いがすごく伝わってきてとっても読みやすかったし、読んでいて楽しかった。
    もっとこういう本あれば良いのになぁ。

  • フリー旅行派だが、パックツアーの利点も色々あるんだ。意外と知らないことが多くてちょっとタメになった。

全14件中 1 - 10件を表示

喜多川リュウの作品

海外パックツアーをVIP旅行に変える78の秘訣を本棚に登録しているひと

ツイートする