西荻窪キネマ銀光座

  • 実業之日本社
3.11
  • (3)
  • (1)
  • (10)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 35
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408612300

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 映画が見たくなる、という気持ちには一度も至らず。

  •  西荻窪≪通称・西荻≫には独特の雰囲気がある。繁華街からはちょっと離れてて、至って普通の街なんだけど、何故か人を惹きつける空気がある。
     例えばだけどそんな街に、小さな映画館があった―。

     23本の映画に関する角田光代のエッセイ、そしてそれに添えられた三好銀のコミック(内容は微妙に映画とリンクしている)。そしてプロローグとエピローグを合わせて「ある映画」に関する物語が出来上がる。

     どういう訳か映画には人を虜にする魔力があり、それにとりつかれた人は様々な想いを映画に投影する。スクリーンに映し出される物語は決して皆同じものではないのだ。
     エッセイでは古今の名画に対する想いが述べられ、コミックでは西荻窪をキーワードに人々の生活の繊細な一コマを描き出していく。
     そしてエンドロールが流れた時、読者は自分の日常とは違う世界に迷い込んでいたことに気づくのだ。

     映画好きにおススメ。

  • 映画についてのエッセイを角田光代さんが、その映画に絡ませたシュールな漫画を三好銀氏が描いている本。漫画を中心に読みました。紹介された映画についての印象は薄いものの、漫画が映画のような印象を残してくれました。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

角田光代(かくた みつよ)
1967年、神奈川県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。
1990年、「幸福な遊戯」で海燕新人文学賞を受賞し、小説家としてデビュー。受賞歴として、1996年『まどろむ夜のUFO』で野間文芸新人賞を皮切りに、2005年『対岸の彼女』で第132回直木三十五賞、2007年『八日目の蝉』で中央公論文芸賞、2011年『ツリーハウス』で第22回伊藤整文学賞、2012年『紙の月』で第25回柴田錬三郎賞、同年『かなたの子』で第40回泉鏡花文学賞、2014年『私のなかの彼女』で第2回河合隼雄物語賞をそれぞれ受賞している。
現在、小説現代長編新人賞、すばる文学賞、山本周五郎賞、川端康成文学賞、松本清張賞の選考委員を務める。
代表作に『キッドナップ・ツアー』、『対岸の彼女』、『八日目の蝉』、『紙の月』がある。メディア化作も数多い。西原理恵子の自宅で生まれた猫、「トト」との日記ブログ、「トトほほ日記」が人気。

西荻窪キネマ銀光座のその他の作品

角田光代の作品

ツイートする