アジアをふたりで歩いてみた - 中性おじさんと男の子の旅行記

著者 : 新井祥
  • 実業之日本社 (2014年2月13日発売)
3.50
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :21
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408612836

作品紹介

夫と離婚記念旅行、うんこ臭いアレを食す!?外国人が伝授する日本人の見分け方、ゲイSEX禁止国の実態!?性別詐称疑惑!?本場でマッサージ免許取得etc.「性別が、ない!」でおなじみ両性具有(男と女の中間の性)作家の乙女心と親父の下心が交錯するアジア旅エッセイマンガ!!

アジアをふたりで歩いてみた - 中性おじさんと男の子の旅行記の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • うーん、「アジアを」なのにハワイも描かれている。

    数年前とかおそらく20代だったときの旅話も含まれるし、ガイドブックに載っているような情報しか描かれていないのであまり興味を引かれなかった。

    セクシャルマイノリティの話もちょっとは出てくるけど、外国人観光客が多いから慣れていると思っていた現地在住の日本人ガイドが見た目と違う性別のことで驚いていたことなど「~だからかな?」とか「このお菓子は現地の人にとっておばあちゃんの味みたいなものかな?」的な曖昧な情報、というより個人的な感想ばかりで気になった…。

    あと何故か描かれている元夫と籍を外すタイミングとか相手の女性(東村先生とお子さん)のために伏せておいた方がよかったと思います。ご両人に許可取ってるならいいけど公表しちゃっていいのかしら…。

  • 新井 祥とアシスタントコウくんのコンビの旅行エッセイマンガを集めたもの。
    けっこう、東南アジア系が多かったかな。

    まあ、世界は広いということを感じさせてくれる1冊です。

  • 等身大率直かつ多角的な旅行記。ふと見落としてしまいそうなアジアへの入り口として。

全3件中 1 - 3件を表示

アジアをふたりで歩いてみた - 中性おじさんと男の子の旅行記のその他の作品

新井祥の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

アジアをふたりで歩いてみた - 中性おじさんと男の子の旅行記はこんな本です

ツイートする