実存主義とは何か

  • 人文書院
3.57
  • (26)
  • (40)
  • (67)
  • (7)
  • (2)
本棚登録 : 690
レビュー : 35
  • Amazon.co.jp ・本 (178ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784409030424

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • "人間は自分自身の本質を自分で作り出さねばならない。世界の中に身を投じ、世界の中で苦しみ、戦いながら人間は少しずつ自分を定義するのである。そして定義は、常に開かれたものとして留まる。この一個の人間が何者であるかは彼の死に至る迄はいささかも言えないし、人類の何たるかは人類の消滅まで言うことができない。"(P141 引用)
    実存主義とは何たるかは、上の引用文に最もよく要約されている。実存は本質に先立つ。人間は人間以外のモノのように、あらかじめ本質(目的)が決まったものではない。だからこそ人間は自ら本質を作り出さねばならないし、人間はまさに自らの作らんとするものになる。本質がないということは、絶対的なものに頼ることができない、つまり何をしても責任は自分にある。このような状態は自由の刑と言われているように、生易しいものではない。自由の刑を少なくするために、人間は世界とかかわりをもち、世界に積極的にアンガージュ(参加)することによって他者とかかわりあい、自己を形成していく。他者とのかかわりあいは受動的なものではなく、主体的なものであり、カントのコペルニクス的転回を感じさせる。ここまで来て、実存主義とは、モラトリアム期間である大学生活が最もわかりやすいことがわかる。大学生活は自由である。実存が本質に先立つ。このような自由の刑の中で、自分で入る団体を考え、交友関係を作り、アンガージュしていく。大学生とは何かということは大学生活が終わるまでわからず、本質無きまま自分の選択をし続ける。日常生活に応用するとこのようなものか。また、実存主義はプロ倫で有名なプロテスタンティズムの労働観の雰囲気を感じさせる。

  • サルトルの意味する実存主義とは。「実存は本質に先立つ」ゆえ、予め与えられたものは一切なく、自分自身を世界の中で作り出さなければならない。その際に伴う不安は、静観哲学へとは至らない。むしろその行為を通して責任を引き受けることになるのだから、不安は責任感と不可分であり、不安は行為の条件である。
    増補版には「実存主義についてー批判的に答える」というテキストが新しく加えられており、最初にこちらを読めば、サルトルの主張のポイントを理解するには十分。サルトルが影響を受けたマルクス、ハイデガーあたりとの関連性の文脈で理解するには「実存主義とはヒューマニズムである」を読む必要性がありそう。個人的にはポンジュの「人間とは人間の未来である」という言葉、新たに収録された作品「糧」「顔」が印象に残った。後者2作品には心惹かれながらも、サルトルの文学活動をアーレントが「哲学的アポリアからの逃避」と呼んだことについて考えさせられる。

  • 他者から与えられる客観に抗いながら自らの主体性によって自らの本質を決定できる自由をもつ。この自由は不安、孤独、絶望を伴うためネガティブにとられやすいが極めて楽観的見地に立つ。

  • 我々は自由な実存者であるがゆえに
    「自由の刑に処せられている」

    彼の言葉のひとつひとつが重い。だから旨い

  • 「一人一人が、弾圧者に抗して自己自身であろうと企て、自己の自由の中に自ら自己を選択することで、すべての人の自由を選択していた」ってもう、一語一句が至言すぎる。

    実存主義は、神など人間を超越した存在と対話する有神論的実存主義(キルケゴール、ヤスパース etc)と、神を否定する無神論的実存主義(ニーチェ、ハイデガー、サルトル etc)に分かれる。


    自由には常に自己責任が伴う。し、そもそも他人と生きる社会に生まれた(誕生した、ではなく「受け身」の意で)以上、どこまでいっても自由にはなれない。そんな不自由の中で、自分で泳がせられる範囲でぷかぷか泳がせておきたい。

  •  自分が良いと思えることを、一人一人がベストを尽くして、頑張るうちに、なんとなく共通事項というか普遍的なものがないかどうか、よくよく考えていきながら、生きていこうという「サルトルの生き方」であって、誰でも当てはまるものでもない、1945年に描かれたある特殊な時期になされる提言である。

    P59【私はロシア革命に感歎し、それを一つの模範にすることができる。しかし私はこの革命がかならずプロレタリアの勝利にみちびくとは断言できない。私はいま私のみていることに限定して考えねばならない。同志が私の死後、私の仕事をつづけて最高度の完成にもたらすかどうかは確信できない。その人たちは自由であり、人間がどうなるかを将来自由に決定するだろうからである。将来、私が死んだあと、人々はファシズム体制を布こうと決定するかも知れぬ。そしてほかの人たちは、その人々のなすがままに任せるほど卑劣であり無能化しているかも知れぬ。そのときファシズムは人類の真理となるだろうが、それも致し方ないことである。実をいうと、物ごとは人間がそう決めたとおりのものになっていく。しかしそれは、静寂主義に身をまかさねばならぬという意味だろうか。そうではない。まず私は私をアンガジュし、ついで「事を企つるには希望の要なし」という古い言い方に従って行動しなければならない。それは、ある政党に所属してはならないということではなく、夢をもたないで、自分にできることをする、という意味である。】

     あれかこれか、どちらかを選べ、どうするんだお前は、という、責任を負わせるものに対して、なんとなく壁をつくっているような、閉じこもった感じがあるんじゃないかと指摘されても、「でも自分のなかに他者があるんだから、閉じこもっているとも言い切れねーよ」と言い、「なんで閉じこもってるんだ」と理由を問うても「無動機なんだよ、しゃーねーだろ」と言い返すような、素敵なパワーを持ったニート思想だと言える。

     母親を支えるか、それとも戦場に向かうかという若者が、この本の中のたとえ話で登場してくる。そこでサルトルは話の聞き役というか相談役にまわるのだが、そこで「戦場に行け」とも「母親を支えろ」とも言っていない。「若者は相談する時点で、なんとなく正解に気がついているし、最終的に理由なく何かしらの選択をするのだ」とこたえる。「相談できるってことは、答えが決まってることなんだよ」とはまるで小林秀雄のごとしである。サルトルのえらいところは、そこで、「戦場に行け。この若者は、そうして正義のために戦った、悪に立ち向かったのであった」と言ってないところだ。「戦わないで母親の世話をした、平和の使徒であった」と言ってないところだ。かといって、「オレは相談聴くだけやからな。あとは自己責任な」ともなっていない。ただ、じゃあどんな風に責任を考えたらいいのかと問えば、全人類の責任とか、スケールのでかいことを言って、よくわからないことになる。あと、女に「責任とってよ!」と迫られても、サルトルの生き方の思想であればいくらでも躱せるので、中高年男性は必読だろう。

  • 併録の3つの短篇「糧」「偉人の肖像」「顔」のみを再読しようと手に取ったが、ついでなので全部読み返した。実存主義の入門書とされている本書だが、言うほど容易く理解できるものではない。実存主義の朧げなアウトラインを攫むのがせいぜいといったところ。それに併せて「糧」「偉人の肖像」「顔」を読むことで彩りが生まれる。よって初めてイメージが浮かび上がる。これがレッスンNo.1。焦らずこの行程を繰り返し積み重ねていくほかないだろう。と、読み止しだらけのサルトル本を前に途方に暮れる。『存在と無』への道のりはまだまだ長い。

  • ゆえあって読み直しました。とてもわかりやすいですね、今読むと。

    また読み直しました。サルトルの前のめりさが良く伝わってきます。今回気がつきましたが、311以降の西條剛央さんのプロアクティブさは1945年のサルトルにつうじているような気がします。

  • 「嘔吐」と「存在と無」を読んでまた帰ってきたい。
    サルトル本人の声明がダイレクトに載せられてるのが良い。

  • サルトル自身が解説してくれるの良い!

全35件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

J‐P・サルトル(Jean-Paul Charles Aymard Sartre)
1905年6月21日 - 1980年4月15日
フランスの哲学者、小説家、劇作家。20世紀を代表する哲学者・思想家のひとりで、「実存は本質に先立つ」と語り、実存主義思想の代表的哲学者とみなされる。そして、発言と行動が注目される知識人のひとりであった。フランスのみならず、日本でも大きな流行が起こり、多大な影響を各方面に与える。代表作に、『嘔吐』、『存在と無』、『実存主義とは何か』、『自由への道』など。

J‐P・サルトルの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

実存主義とは何かを本棚に登録しているひと

ツイートする
×