プロトコル: 脱中心化以後のコントロールはいかに作動するのか

  • 人文書院
3.67
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 66
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (421ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784409030950

作品紹介・あらすじ

デジタル社会のハードコアを捉えた衝撃作



ネット空間を制御する論理=プロトコルは、いまや現実世界をも深く貫いている。その作動方式を技術面から精緻に捉え、大胆に概念化することで、現代社会論、権力論、メディア論など人文諸学を全面的に更新した、新時代のマグナム・オーパス。『〈帝国〉』論を過去のものにし、『資本論』を生命論として読み替え、アート論にまで飛翔する、思想界を掻き立てる鬼才が20代で著した話題作、ついに邦訳。



「デジタル世界を駆動させるエンジンとなっている論理、すなわち、プロトコルの論理を解き明かすこと、それが本書の眼目であるといっていい。」(訳者)



「本書はプロトコルないし一群のプロトコルに関わる歴史を書こうとしたものではない。プロトコルなるものは広範囲におよぶ歴史を抱え持っており、それは外交、軍事、統治、さらにはプライベートセクターにわたるものである。代わりに私が提供しようとしたものは、デジタルコンピュータと分散型ネットワークという歴史的に特定されるふたつの具体的な技術とプロトコルが交差する際に立ち現われたその新しい歴史の物語なのである。」(本書より)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • とりあえず読んだ。端折りながらも読んだ。
    しかし2割くらいしか理解出来んかった…
    多分くそ面白い本なんだろうが、今の僕にはまだ読みこなせませんでした!
    あと5回くらい読んだらわかるかも。
    とりあえずオブジェクト指向の勉強しよっと。

  • 三部構成。一部は面白く、二、三部は興味減少し、斜め読み。フーコー、ドゥルーズ、ネグリを下敷きにし、マルクス、エイゼンシュテインを参照し、論が展開されている。

  • 【図書館の所在等はこちらから確認できます】
    https://libipu.iwate-pu.ac.jp/opac/volume/516885

全3件中 1 - 3件を表示

北野圭介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ネルソン・グッド...
デヴィッド・グレ...
ロバート ステッ...
有効な右矢印 無効な右矢印

プロトコル: 脱中心化以後のコントロールはいかに作動するのかを本棚に登録しているひと

ツイートする
×