宋学の西遷―近代啓蒙への道

著者 :
  • 人文書院
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (536ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784409041000

作品紹介・あらすじ

16世紀から18世紀にかけてのイエズス会士による中国思想情報は、近代ヨーロッパ理性の形成においてきわめて大きな役割をはたしていた。本書では、ルイ14世の後押しをうけた宣教師クプレ、人文主義者ノエルによる儒教文献のラテン語訳を、中国語原典と丹念に照らし合わせて実証する。実は、宋明の儒教のうちには、神の「要請」なしに理性の自律的な純粋作用が存在しうること、当時ドイツ啓蒙のリーダーであったヴォルフの理想に照応しうる理念が、先在・潜在していた。さらには彼はフリードリッヒ大王から敬意をうけ、ライプニッツとカントをつなぐ人物でもあった。中国思想に影響をうけたヴォルフの哲学は、啓蒙理性の時代の知識人に広く感染流行し、近代啓蒙のプロトタイプとなる。儒教思想のヨーロッパ受容を、厳密なテクストクリティークによって検証する労作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2010.02.21 朝日新聞で紹介されました。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

2018年4月現在波大学人文社会系教授

「2018年 『はじめて学ぶ中国思想』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宋学の西遷―近代啓蒙への道を本棚に登録しているひと

ツイートする