家の馬鹿息子 IV: ギュスターヴ・フローベル論(1821年より1857年まで)

  • 人文書院
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 3
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (446ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784409140666

作品紹介・あらすじ

名医を父に、秀才を兄に持ち、次男として劣等感を刻印されて育った未来の文豪フローベル。幼少期の錯綜した環境を追跡し、作品を緻密に分析しながら、人間の現実界と想像界の関係を全体的に捉えたサルトル畢生の大作。
 第四巻では、原書第2巻の第3部を取り扱う。

鈴木道彦の作品

家の馬鹿息子 IV: ギュスターヴ・フローベル論(1821年より1857年まで)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする
×