子どもと絵本: 絵本のしくみと楽しみ方

著者 :
  • 人文書院
4.25
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 23
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (173ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784409180051

作品紹介・あらすじ

絵本に興味のある学生だけでなく、じっさいに子供に接する親た
ち、図書館司書、読み聞かせグループ、幼稚園や保育の現場の人た
ちに向けた優しい語り口の絵本入門。
 「絵本は、子どもが生まれてはじめて出会う文学であり、芸術で
ある」――現実に飛び込むまえに世界を知る入口であるということ
をスタートに、絵本のしくみ、眼で見て、触って、聞いて楽しむと
いうユニークな特徴、それを活かしたメッセージの理解に力点をお
いている。また同時に、絵本は「大人が再び出会う文学であり、芸
術である」とし、より深く絵本を楽しむためのポイントや、絵本作
家の創作の秘密にも迫っている。

(目次)
 Ⅰ 絵本のしくみ
絵本の基本的要素/絵本の「色」「形」「線」など/ことばで語り、絵で語る/絵本のストーリー/結末の結び方
 Ⅱ 絵本作家たち
青春時代の苦悩と修行―アンソニー・ブラウンの歩み/心から平
和を願った画家――ロバート・マックロスキーの絵本作り/「自
分って何?」自分探しの旅に生きた芸術家レオ・レオニ/子ども
の幸せを願って――エリック・カールと絵本作り/コールデコッ
トみたいに――絵で語るモーリス・センダック

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 絵本にみられる技法上の工夫などについて、絵の描き方や物語の観点から紹介されている。
    後半は何人かの作家に焦点をあて、それぞれの方のおいたちや考え方、技法などが紹介されていた。
    物語の中でも昔話ではいくつかのパターンがあり、末っ子が活躍する話(やまなしもぎ 等)は小さい子供が感情移入しやすいという箇所には納得。

  • 齊木恭子先生 おすすめ
    1【専門】019.5-F

    ★ブックリストのコメント
    絵本の表現手法がわかりやすく書かれています。絵本とは何か。絵本のしくみを知ると、様々な楽しみ方ができますよ。

  • 齊木恭子先生 おすすめ
    1【専門】019.5-F

  • 絵本論の入門にぴったり。絵本のしくみの説明も図が多く言葉も分かりやすい。絵本の良さをより深く理解する手助けになると思います。
    絵本に関わる活動をしている人だけでなく、子どもと絵本を楽しんでいる大人なら、どなたにでもにおすすめです。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

*2018年4月現在 フェリス女学院大学文学部教授

「2018年 『絵を読み解く 絵本入門』 で使われていた紹介文から引用しています。」

藤本朝巳の作品

ツイートする