フロイト著作集 5 性欲論・症例研究

  • 人文書院
3.33
  • (0)
  • (3)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (434ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784409310052

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ラカンさんの「フロイトの技法論」に出てきたドラの分析を扱っている「あるヒステリー患者の分析の断片」という論文、同じくハンスの分析である「ある五歳男児の恐怖症分析」と「フロイトの技法論」で読解しようとされていた「ナルシシズム入門」を読んでみたくて図書館からお借りした。

    症例研究は心の謎解きをするようなミステリー小説的な楽しみがあり意外に読めた。そこここに心の理論のようなものも、もちろん解説されているのだが、まだまだ頭に入ってこない。まぁ、おいおい慣れていくしかないのかも知れない。しかし、そんな理論を頭に入れてどうするつもりなのか?と聞かれても困る。なんとなく、そういうことに興味があるだけなのである。

    心の理論を使って他者を操ろうなどとは考えない。まぁ、当然、操られたくもない。とはいえ、こういう本を読んでいると、自分も相当病んでいるのではないかと思われてくる。おそらくかなり病んでいるのだろう。わたしの幼児期に何が起きたのだろうか?誰かに分析してもらって解放されたい気持ちにはなるが、なんだか恐ろしいような気もするし、分析を受けるお金もない。などと考えるのが、まさに、精神分析治療に対する「抵抗」なのだろう。

    ともかく、わたしが神経症であることは間違いないようである。

    Mahalo

  • 必要に駆られて読む。人文書院の旧版。岩波の新全集が出て大分値が下がった。

    思い当たることが多々あって、つい説得されそうになる。少なくとも、フロイトは論文の書き方が抜群にうまい。今後の手本にしたい。

  • 「記憶の残存物をわれわれは、知覚―意識 W-Bw 体系に直接に結びつく諸体系の中にふくめようと思う。そうすれば、記憶の残存物がもっている備給は、この知覚―意識体系の要素へと、内部から容易にひき継がれる可能性がある。」(P.270)

    ナルシシズム入門

  • <div class="booklog-all" style="margin-bottom:10px;"><div class="booklog-data" style="float:left; width:300px;"><div class="booklog-title"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4409310054/ieiriblog-22" target="_blank">フロイト著作集 第5巻 性欲論・症例研究 (5)</a></div><div class="booklog-pub">フロイト, 懸田 克躬 / 人文書院(1969/01)</div><div class="booklog-info" style="margin-top:10px;">Amazonランキング:177,742位<br>Amazonおすすめ度:<img src="http://booklog.jp/img/0.gif"><br></div><div class="booklog-link" style="margin-top:10px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4409310054/ieiriblog-22" target="_blank">Amazonで詳細を見る</a><br><a href="http://booklog.jp/asin/4409310054" target="_blank">Booklogでレビューを見る</a> by <a href="http://booklog.jp" target="_blank">Booklog</a><br></div></div><br style="clear:left"></div>

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

Sigmund Freud 一八五六―一九三九年。オーストリアの精神科医、精神分析の創始者。モラビア地方の小都市フライベルク(現・チェコのプシーボル)にユダヤ商人の長男として生まれる。幼いときにウィーンに移住、一八七四年ウィーン大学に入り、八一年医学の学位をとる。開業医としてヒステリー患者の治療を模索するなかで、従来の催眠術と決別する精神分析療法を確立。二十世紀思想に決定的ともいえる影響を与えた。

「2019年 『精神分析学入門』 で使われていた紹介文から引用しています。」

フロイトの作品

ツイートする