社会をつくる仏教―エンゲイジド・ブッディズム

著者 : 阿満利麿
  • 人文書院 (2003年6月発売)
2.75
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :11
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (243ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784409410752

社会をつくる仏教―エンゲイジド・ブッディズムの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 宗教学というよりは神学(仏教学?)よりの本だが、その分宗教者の内側というか、宗教をどう評価しているかが真に迫っているような気がして迫力がある。とはいえそれだけではなく、宗教というものが近代においてどう受け入れられてきたか(あるいは概念づけられてきたか)も追っており、誠実だなという印象。

  • 『日本人はなぜ無宗教なのか』が衝撃的だった阿満利麿さんがエンゲイジド・ブディズムを紹介してくれています。一度聞かせて頂いた講演会でお話していたことも少し入っていたけれど、そこからだいぶ発展・深化・拡大させた論が展開されています。ティク・ナット・ハンも出てきます。僧侶にとってはいろいろなヒントがめいっぱいでした。ただ、じっくり読むと蓮如さんのことをあんまり評価してないような感じがして、そのへんはわたしとちょっと違うなあと思いました。

全2件中 1 - 2件を表示

阿満利麿の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

社会をつくる仏教―エンゲイジド・ブッディズムはこんな本です

社会をつくる仏教―エンゲイジド・ブッディズムを本棚に登録しているひと

ツイートする