19世紀フランス光と闇の空間―挿絵入新聞「イリュストラシオン」にたどる

著者 :
  • 人文書院
3.67
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784409510391

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【柏木学長コメント】
    19世紀に出版された絵入り雑誌を元にフランスの社会が解説される。
    -----------------------------------
    資料番号:10106474
    所在番号:235.06||オコ
    -----------------------------------

  • これだけ図書館になかった。なんでだ!読みたいぞこれ。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1956年生まれ。東京大学大学院博士課程中退。現在、慶應義塾大学文学部教授。専門は近代フランスの文学と文化史。著書に『歴史と表象』(新曜社)、『感情教育』『歴史・パリ・恋愛』(みすず書房)、『身体の文化史』(中央公論新社)、『パリとセーヌ川』(中公新書)、『犯罪者の自伝を読む』(平凡社新書)、『愛の情景』(中央公論新社)、『革命と反動の図像学』(白水社)、『写真家ナダール』(中央公論新社)ほか。訳書にフロベール『紋切型辞典』(岩波文庫)、バルザック『あら皮』(藤原書店)、ユルスナール『北の古文書』(白水社)など。

「2017年 『ゾラと近代フランス 歴史から物語へ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小倉孝誠の作品

19世紀フランス光と闇の空間―挿絵入新聞「イリュストラシオン」にたどるを本棚に登録しているひと

ツイートする