「坂本龍馬」の誕生: 船中八策と坂崎紫瀾

著者 :
  • 人文書院
4.00
  • (3)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 38
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (350ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784409520581

作品紹介・あらすじ

船中八策は後世に作られたフィクションである。龍馬研究に画期をなす精緻を極めた実証的研究にして、一級の歴史エンタテイメント。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  所収論稿は「『船中八策』の物語」「土佐勤王党の物語―坂崎紫瀾『汗血千里の駒』」「瑞山会の物語―瑞山会編『坂本龍馬傳艸稿」。

     「船中八策」を中心に今日人口に膾炙している坂本龍馬の事績・逸話の虚構性を緻密な史料批判で暴いている。土佐派の民権家で後に維新史料編纂にも関与する坂崎紫瀾や、旧「土佐勤王党」顕彰組織「瑞山会」による政治的・恣意的な「坂本龍馬」像が浮かび上がる。専門的な考証に終始する一方、時々口語調を交えて文体をあえて軽くしているが、かえって読みにくいのが残念。

  • 途中
    船中八策の実在性を歴史資料に基づき追跡している

  • タイトルでだいたいどういう内容か予想がつく本だが、読んでみると実証もちゃんとやろうという気概に溢れていて、面白く読むことができた。ところどころ推論が過ぎるところや、船中八策の「単語」からその作成年を考えるという手法として怪しいところもあるのだが・・・。

    本書は、坂本龍馬を切り口に、「明治維新像」が後の時代によって作り上げられたものだという考え方を展開していく。こういう研究がもっと増えれば、「明治維新像」がいかに作為的かということを世の中に広めることになって良い、と思う。とりわけ「船中八策」なんていい加減なものが、「維新八策」だのなんだのと現代の政治に悪用されている様子をみると、余計にそう思う。

  • 知野文哉氏講演会(9/8大阪) - 株式会社 人文書院
    日時:9月8日(日)13時受付開始

    場所:TKP大阪本町ビジネスセンター カンファレンスルーム6A
    (中央区本町2‐3‐4 アソルティ本町6階)
    ○地下鉄御堂筋線 本町駅③番出口 本町通りを東へ 徒歩5分
    ○地下鉄堺筋線 堺筋本町駅⑯番出口 本町通りを西へ 徒歩3分

    講演時間:13時30分から16時30分

    講師:知野文哉氏
    演題:坂本龍馬のレシピ!シェフは紫瀾、隠し味は土佐風味!(仮題)

    会費:会員3000円 
       会員外3500円(飲み物付)

    定員:40名 締切:9月5日
    申込みはメール・ファクシミリ・電話でお願いします。定員になりましたら締め切らせていただきます。

    http://blog.goo.ne.jp/ryouma1026/e/6b3473c462c1203a7cbbdb6c1dd23c83

    人文書院のPR
    「船中八策は後世に作られたフィクションである!
    龍馬研究に画期をなす精緻を極めた実証的研究にして、一級の歴史エンタテイメント。
    本書のポイント:3つの「初めて」
    ・「船中八策」は龍馬の手によるものではないことを実証
    ・龍馬像の形成に最大の貢献をした人物・坂崎紫瀾の業績を詳細に解明
    ・幻の未公刊史料、瑞山会編「坂本龍馬傳艸稿」を発掘紹介」
    http://www.jimbunshoin.co.jp/book/b103261.html

  • 前半は「船中八策」の元ネタはどれかについて、後半は龍馬とその関係者の虚像が、坂崎紫瀾作『汗血千里の駒』等の著作を通じて、どのように形成されていったかを述べている。
    前半と後半を比較すると、後半の方が断然はぎれがよく、面白い。

    後半では、トリビア的な意外なエピソードが続出し、へええと思うことばかり。例えばおりょうと龍馬の「新婚旅行」や自由恋愛・結婚の様子も、女権運動にかかわっていた紫瀾の描写に負うところが大きいという。また「土佐勤王党」という名称も、紫瀾の創作の疑いが濃い 等など。
    だがこの後半部分の真骨頂は、坂崎紫瀾の意図の分析にある。『汗血~』の連載時の意図としては、板垣退助や後藤象二郎こそが土佐における倒幕運動、ひいては自由民権運動の正嫡であることを、土佐勤王党が自由党の母であるように描き出すことによって強調しようとしていたのだという。紫瀾は板垣チルドレンともいうべき立場で、大変政治的な意図をもってこの小説を連載した。だから龍馬は実は、土佐勤王党の物語の一部でしかなかった。しかし連載から本になるにあたって、編集者によって龍馬以外の勤王党メンバーの話はばっさりけずられて龍馬中心の物語になり、それが大ヒットしてしまったので、現代にまで通じる龍馬の虚像ができてしまったということらしい。そしてこの系譜が、司馬遼太郎の『竜馬がゆく』にもつながっていく。
    龍馬が非常に自由闊達、リベラルで、現代人にも通じるようなモダンな気質をもってる、というようなイメージを、我々がもってしまってるのも、自由民権運動の文脈に置かれたからこそなのだなあと実感する。もちろん、実際には真逆の人だったとは思わないが、後世の人の解釈の力に負うところは大きいだろう。

    前半の船中八策の部分は、丁寧に史料を比較してるものの、書き方が整理されておらず読みづらいのが難点。・船中八策のもととなった文書はどのようなものがあるのか・それらの文書の信ぴょう性・その内容は龍馬の独創なのか・それらがどのような影響関係をもっていたのか・そもそも龍馬の大政奉還への考えはどのようなものだったのか などがごちゃまぜになっている。読みながら自分で論点を整理するのに骨がおれた。

  • 本書は史実の坂本龍馬について知りたい人にとっては、今後必読書の一つとなるポテンシャルを秘めた傑作と呼んで良い。

    坂本龍馬に興味があれば船中八策とそれにまつわるドラマチックな逸話についてはご存知かと思う。本書はその船中八策が実は明治以降に作られた創作と宣言するものである。人によってはまさかと思われるかもしれないが、船中八策には原本が存在しないことを知れば自ずと疑問が湧いてくるだろう。そんな疑問に対する回答が本書にはこれでもかというほど細かく記述されている。かといって別に暴いてやったぞザマーミロという悪意は全くなく、むしろ巻末では著者の龍馬伝説に対する強い愛情と、それでもなお事実を知りたいという理性の葛藤が感動的ですらある。

    自由民権運動の祖として、日露戦争を鼓舞する英霊として、平和主義的なヒーローとして、時代によってその相貌を変え続ける伝説の人物、坂本龍馬の史実の姿は、20世紀末から21世紀初頭にかけて本書の如く研究が進み、神話の靄に隠れていた実像が明らかになり始めた。今我々は坂本龍馬が超人から人間に至る過渡期にいるのかも知れない。

全8件中 1 - 8件を表示

知野文哉の作品

ツイートする