原子力のことがわかる本―原子爆弾から原子力発電まで (チャートBOOKS)

制作 : 舘野 淳 
  • 数研出版
4.00
  • (2)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 38
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (143ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784410138164

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • PC関連の"いろは"を教えてくれる「できる」シリーズ(インプレスジャパン)のように原子力の”いろは”を教えてくれる。
    小・中学生が対象のように思えるが、大人が読んでもためになる本だった。

  • 親子で読めるようなレイアウト、図や絵がありながら、その内容は原子力のことをほぼ網羅できるような基礎的な内容をほぼ含んでいた。

    原子力のウランのことや核分裂、核融合との違い、原子力を使用とした原子爆弾のことや水爆のこと、逆に平和利用としての原子力発電のこともしっかりと書いてある。MOX燃料、高速増殖炉とプルサーマル計画などもわかりやすく解説している。

    ある意味、この本のことさえしっかりと把握していないことが問題だとおもわされた。わかりやすい説明と内容の精選がされているので、★5つの評価。

  • けっこうわかりやすい!
    勉強になった。

  • 53/タ
    原子爆弾から原子力発電まで、原子力の長所・欠点を写真とイラストをまじえてわかりやすく紹介。子供から大人まで一緒に読める一冊。

全6件中 1 - 6件を表示
ツイートする