大地という名の食卓 (CHART BOOKS SPECIAL ISSUE)

著者 :
  • 数研出版
3.62
  • (5)
  • (8)
  • (12)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 73
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (115ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784410138935

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • シンプルで読みやすい。
    いいね~。

  • 冒険家石川直樹の食にまつわるフォトエッセイ。
    旅人にとっての食事は「次にいつ食べられるか解らない、だから食べられるときにはいるだけ食べる。」これは自分の実体験としても強く共感できた。過酷な冒険の一片をだれもが毎日当たり前のように繰り返している食事という切り口を通して、リアルにしかも彼らしいユーモアを交えて伝えてくれている。

著者プロフィール

1977年生まれ。写真家。人類学、民俗学などの領域に関心を持ち、辺境から都市まであらゆる場所を旅しながら、作品を発表し続けている。「NEW DIMENSION」(赤々舎)、「POLAR」(リトルモア)で、日本写真協会新人賞、講談社出版文化賞を受賞。「CORONA」(青土社)で、土門拳賞を受賞。著書に、開高健ノンフィクション賞を受賞した「最後の冒険家」(集英社)ほか多数。最新刊に、エッセイ「極北へ」(毎日新聞出版)、写真集「Ama Dablam」(SLANT)、「この星の光の地図を写す」(リトルモア)など。東京都在住。

「2019年 『靴のおはなし2』 で使われていた紹介文から引用しています。」

石川直樹の作品

ツイートする