青春対話―21世紀の主役に語る

著者 :
  • 聖教新聞社
3.83
  • (2)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (485ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784412009905

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2015 6 27
    5冊

  • ・好きな人がいても、それを胸に秘めて、「いつの日か、あの人が誇りにしてくれる自分になろう」「そのために自分を磨こう」と頑張る生き方があってもいい。
    ・仏法では「桜梅桃李」と説いている。桜には桜の美しさがある。梅には梅の香りがある。桃には桃の彩りがある。李には李の味わいがある。
    ・本当に困ったときに人間が欲する心がある。その心を強く凝縮させると「祈り」となるのです。理屈でも、学問でもない。それらを超えたものです。

  • この本を読んだ時、自分の中で大きな希望の光が輝きました。自分に自身がなく、すぐに他人と比較してしまったり、周りよりもできないことで卑下したりしてしまう自分がいました。しかし、桜には桜の、桃には桃の、李には李の良さがあるように、人間にも人それぞれ良さがあり使命があるんだなと感じさせてもらえました。一日一日を大切に生き、自分の使命の道を歩んでいこうと決意している次第であります。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

創価学会インタナショナル会長。小説「新・人間革命」を聖教新聞紙上で連載中。同シリーズ通しての新聞連載回数は日本一。

「2017年 『忘れ得ぬ旅 太陽の心で 第1巻』 で使われていた紹介文から引用しています。」

池田大作の作品

ツイートする