青春対話 1―21世紀の主役に語る

著者 :
  • 聖教新聞社出版局
4.35
  • (12)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 91
感想 : 3
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (413ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784412013247

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • この本は、知り合いの方に是非ともといわれ読んだ本です。
    この著書のおかげで本を読むきっかけができ、また、こういうふうに記録しようと思いました
    何か苦悩にめぐり合った時また読み返そうと思います。
    色んな人に読んでもらいたい1冊です。

  • 青春対話シリーズ全部ってことで。

    高校入学時にお母さんが買ってきてくれた本。なんとなく読まなきゃ という意識で読んだけど、対話形式になってて、読みやすかったし、案外おもしろかった。

    今では、タメになる本として、行き詰ったときは、何回も同じ章を繰り返し読んだりもしたり。ただ、わかりやすく書かれているだけに、もうちょっと突っ込んだ話をしたいときには、うーん と唸ってしまったりもする。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

池田大作(いけだ・だいさく) 1928年、東京都生まれ。創価学会名誉会長/創価学会インタナショナル(SGI)会長。創価大学、アメリカ創価大学、創価学園、民主音楽協会、東京富士美術館、東洋哲学研究所、戸田記念国際平和研究所、池田国際対話センターなどを創立。『人間革命』(全12巻)、『新・人間革命』(全30巻)など著書多数。世界の識者と対話を重ね、『二十一世紀への対話』(A.J.トインビー)、『二十世紀の精神の教訓』(M.S.ゴルバチョフ)、『地球平和への探究』(J.ロートブラット)など多くの対談集を刊行。

「2023年 『完本 若き日の読書』 で使われていた紹介文から引用しています。」

池田大作の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×