自分をどう愛するか 生活編―幸せの求め方

著者 :
  • 青春出版社
3.14
  • (0)
  • (1)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784413021500

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 著者は、「人生」と「生活」を分けて考えています。

    人生というのは、心の理想みたいな部分で、
    生活というのは、生きていく上での実務的な部分というのが私の描いたイメージです。


    著者自身自分を強い人間とは思っていないとありますが、
    その分自分との距離ととりかねている人に、
    温かい目線を注いでいる本だと思いました。

  • 人生には飛躍するときが必ずあるんです。
    そのために蓄えておくのは知識と友人。知識だけは間違いなく吸収する。
    自分が弱虫であり、その弱さは芯の芯まで自分につきまとっているのだ、という事実を認めることから、他人を見、社会を見、文学を読み、人生を考えることができる。

  • 「生活の中にお祭をこしらえることが、人生というものなんです」

    鋭く温かい人間観察に基づく氏の文章は読んで心地いい。強がることなく、てらうことなく、率直に自分の弱さをさらけ出せる遠藤周作。「沈黙」で見せるシリアスな面と、狐狸庵先生で見せるユーモラスな面のどちらも魅力的だ。終始一貫して氏が説くのは、自分の弱さをいかにプラスに転じるかということ。正義漢や偽善者には容赦なく厳しい態度で臨む遠藤周作だが、弱いものに対する視線は本当に温かい。

    改めて遠藤周作が好きになった。

  • 「性格に合わないことはするな」「楽しめ」「人生に起こることは長期的に捉えろ」という3つのメッセージを受け取った。でもそれが、なかなか難しいのよね。(2006.9.19)

  • 彼がなぜ「沈黙」を書こうと思ったのか、なぜそのような生き方をしたのかがつかめてきます。

    旅と旅行の違いについて語る部分を読むと20代のうちに海外に旅行をしたくなる。できるだけ苦労しない生き方に共感する部分もあり。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

遠藤 周作(えんどう しゅうさく)
1923年3月27日 - 1996年9月29日
東京生まれ。父親の仕事で、幼少時代を満洲で過ごす。帰国後にカトリックの洗礼を受けた。1941年上智大学予科に入学したが、中退。慶應義塾大学文学部仏文科入学・卒業後、カトリック文学を学ぶためにフランスへの留学。帰国後の1954年『アデンまで』を発表し小説デビュー。1955年『白い人』で芥川賞を受賞し「第三の新人」として脚光を浴びた。
1958年『海と毒薬』で第5回新潮社文学賞及び第12回毎日出版文化賞、1966年『沈黙』で第2回谷崎潤一郎賞、1979年『キリストの誕生』で第30回読売文学賞評論・伝記賞、1980年『侍』で第33回野間文芸賞などそれぞれ受賞。1995年に文化勲章を受章している。
上記受賞作のほか、1993年刊行『深い河』もキリスト教と日本人をテーマにした代表作と見なされており、映画化された。60年代以降「狐狸庵山人」(こりあんさんじん)を名乗り、様々なエッセイを記した。数々の作品が欧米で翻訳され高い評価を受けており、存命中ノーベル文学賞候補だったこともよく知られている。

自分をどう愛するか 生活編―幸せの求め方のその他の作品

遠藤周作の作品

ツイートする