心が雨漏りする日には

著者 : 中島らも
  • 青春出版社 (2002年10月発売)
3.53
  • (16)
  • (16)
  • (52)
  • (2)
  • (0)
  • 179人登録
  • 27レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784413021555

作品紹介

30歳でうつに襲われ、40歳であわや自殺未遂、42歳で躁に転じて大わらわ…。奇才・中島らもが波乱万丈・奇想天外の躁うつ人生を綴る。

心が雨漏りする日にはの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • らもさんの躁鬱病、アルコール依存症の話。
    自分を受け入れてるから打ち明けることが出来る。
    くたばれ、うつ病!!

  • あっという間に読み終わった。
    らもさん自身のアルコール依存症やうつ病の体験が綴られている。
    自分自身のことなのに、悲観的になりすぎず、時として笑わせてくれるところがすごい。
    作家が身を削って書いた本、と一言で言ってしまうには足りなすぎる。
    亡くなられたのが本当に惜しい。

  • 夢中で読んでしまった。らもさんの綴る文章が面白くて好みだ。
    壮絶な人生を歩んできたこと、たくさんの事を考えて色んな作品を創ってきたこと、文章を書いた状態のこと、その時周りにいた人たちのこと、躁うつ病のこと。
    らもさんのお父さんが躁状態の時に子供達の為にプールとローラースケート場を造ったっていう話が好き過ぎる。躁うつだったとして、うつ病を子供達に見せなかったのが良いお父さん過ぎるし、無関係だし何も知らないからこんなことが言えるんだろうけど、好きだなあと思った。子煩悩ばんざい。
    そして、らもさんの奥さん。本当に素晴らしい人なんだろうな。尊敬してしまう。
    大切なひとを支えてあげられる人になりたいと思った。

  • エッセイ
    いつもの感じで良かった。

  • 中島らもさん(コピーライター、劇作家、小説家etc)の、何十年にもわたる闘病記です。
    中島らもの手にかかると、深刻な闘病記もエンターティメントになってしまうから不思議です。言葉を職業にしているからでしょうか、悲しいこと、情けないこと、醜いこと、汚いこと、嫌なことを書いていても、一つ一つの文章がきらきらしていて、読み応えがあります。
    この本を読んだら、日々いろいろ悩んでいることがばからしく思えて、明日もマイペースで頑張ろうと思えます。

  • ④/189

  • 中島らもの波乱万丈な生き方を綴ったエッセイ。薬物中毒、アル中などを経験し、鬱になりながらもバリバリ仕事をこなしていく彼の姿は、「ああ、こういう生き方もあるのだな」と気づくには非常に良い著書。

  • うつ病の本ですね。

  • おかちゃんのバイブル。
    うーん。
    なににそんなにも惹かれたのだろう?

  • まだ数冊しか読んでないけど、この人のエッセイってすごく好きだなあ。
    アル中とか躁鬱病とか、中身はけっこう深刻なのだが、ユーモラスで冷静な語り口。
    そして本当に、こういう症状が実は別世界の話ではなくて、自分がなってもおかしくない、そういうものだということをしみじみと感じる。
    「自殺したくなったときは明日にしようと考える」というところが、とてもリアルだと思った。なんかものすごくどうしようもないことになっちゃうことはある、でも助けてくれる人のおかげで生きてくことはできる。とにかく生きてよう、ちかくにいて助けてくれる人を大切にしよう、そういうメッセージが、ぜんぜん押し付けがましくなく届く。人はひとりで生きられないということ。それでいいんだっていうこと。

全27件中 1 - 10件を表示

心が雨漏りする日にはのその他の作品

中島らもの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中島 らも
村上 春樹
中島 らも
中島 らも
中島 らも
中島 らも
有効な右矢印 無効な右矢印

心が雨漏りする日にはを本棚に登録しているひと

ツイートする