禁じられた死体の世界―東京大学・解剖学教室でぼくが出会ったもの

著者 : 布施英利
  • 青春出版社 (1995年10月発売)
3.40
  • (0)
  • (6)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
  • 29人登録
  • 4レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784413030533

作品紹介

人は死体を見た瞬間から変わる…。現代人が眼をそむけてきたグロテスクあるいはタブーと呼ばれる世界を、リアルに描き出す異才の書き下ろし。

禁じられた死体の世界―東京大学・解剖学教室でぼくが出会ったものの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 解剖と一言に言っても、勉強のための解剖、死因を調べるための司法解剖など、いろいろなジャンルがあることを知った。また、解剖の日まで薬品につけてある死体を洗うアルバイトがあるという噂も、「そういうものはない」とのこと。なるほど。

    一番興味深かったのは、死体は怖くはないという話。著者は、薄暗い梅雨の日曜日に、忘れ物を取りに研究室へ行った。その時、解剖室から気配を感じたという。そこで勇気を振り絞って白いビニールにくるまれた死体を見てみたというのだ。そこには死体があった。その瞬間に恐怖は消えたという。見ないから死体をめぐる「妄想」が恐怖を駆り立てるのであって、見れば死体はただそこにあるだけだという。これは説得力があった。

  • 図書館流れ

  • 死体を2体(祖父と旦那の祖母)しか見たことがないし、触ったことのない私にはリアルな気がしない。
    ただ肉体がそこにあるだけ。
    『自然ってなぁ〜んだ?』
    そんなことを考える本でした。
    (2006.11.08)

全4件中 1 - 4件を表示

禁じられた死体の世界―東京大学・解剖学教室でぼくが出会ったもののその他の作品

布施英利の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする