将の器参謀の器―あなたはどちらの“才覚”を持っているか

著者 : 童門冬二
  • 青春出版社 (1999年8月発売)
3.00
  • (0)
  • (3)
  • (5)
  • (1)
  • (1)
  • 23人登録
  • 4レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784413031493

将の器参謀の器―あなたはどちらの“才覚”を持っているかの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 名将も憧れるけど、まずは名参謀の器として機能したい‼

  • トップとナンバー2(というよりは中間管理職)の在り方について、
    戦国時代の例を中心に説明されております。

    例えば参謀の器としては、
    労働者達が上の意向通りに働くためには
    ・何故その仕事をしなければいけないのか(仕事の目的)
    ・その仕事によって組織にどのように貢献できるのか(組織目的への寄与度・貢献度)
    ・その仕事に対して上はどれほど評価してくれるのか(仕事への評価・報酬)
    の3点をはっきりさせなければならず、
    織田信長政権の秀吉は実例を見てもそのへんが天才的に上手かった、
    みたいな感じで書かれています。
    こういう本はよく読みますが、この内容に関してはこの本が分かりやすいかなと。

    将の器としては人材登用・育成のコツ的なとこを戦国の実例で。
    ただこれはもうちょっと他に良い逸話があるやろってのが戦国ヲタの意見w

    あと、本が大きくて分厚い割には字が大きくて文字数が少ないのが不満ですw
    ついでに言うと将の器って点で語るなら島津義久を入れてないのはおかしいw

  • 読みやすいが、その分、内容が薄い。しかし、一応、及第点。童門さんを読んだことが無い人は、この本を読んで童門思想が判った気にならないでほしい。もっと良い本があるのだから。

  • 徳川家康、吉宗、豊臣秀吉、武田信玄、西郷隆盛ほか、各時代各様の人事育成エピソードが語られ、現代の会社、政治、学校、団体の運営のヒントが記されています。歴史小説の物語の楽しさはないです。歴史の一端を現代の自分や周りにフィードバックしながら読むと良いのではないでしょうか。学校卒業6年目の君に。

全4件中 1 - 4件を表示

将の器参謀の器―あなたはどちらの“才覚”を持っているかのその他の作品

童門冬二の作品

将の器参謀の器―あなたはどちらの“才覚”を持っているかはこんな本です

ツイートする