アドラー博士が教えるこんなひと言で子どものやる気は育つ―今日かけた“言葉”が、明日の子どもの自信になる

著者 :
  • 青春出版社
3.77
  • (3)
  • (5)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 44
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784413032674

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2015年12月11日読了。アドラー心理学に沿った子育てのアドバイス集。子どもにイライラしてつい叱ったり怒鳴ったりしがちな母親を対象に、「こういう考え方に基づいてこう言ってやればいいんだよ」ということを助言する本だと感じた。アドラー心理学では「○○な人なのだから、つい□□してしまう」というような「人間の性質に基づいた行動」という解釈を認めず、「△△という目的のために、今××という行動をしている」と解釈するので、「その××では△△は実現できないよ、◎◎をやるようにしようよ」ということを、本人に考えさせて学ばせることが教育のやり方になること、ということか。子どもの感情・したいことに焦点を当てる、それに共感を寄せる。また、「子どもに対して親たる自分はどんな感情を抱いているのか?」を自問する。心がけていきたい。

  • ・ほめるにしろ叱るにしろ、子どもが納得し、自分からやろうとする気持ちを引き出す言葉かけが大事

    ・人格より行動をほめる

    ・できないことより、できたことを見る

    ・どうして、と責めずに
    そのままの現状を認め、どうしたいのか考えさせる

    ・特に叱る時、
    「あなたは〜」ではなく
    「お母さんは〜」と
    自分を主語にする。


    ・子どもにレッテルを貼らない
    自信を失わせない為、出来た時に喜んでほめる

    ・恐怖で子どもを動かさない

    ・親も子も、お互いの言うことにノーを言っていい。
    あきらめたり交渉したりする術を学ぶ。

    ・言い分を聞いてもらって子どもは育つ
    口答えを、ちゃんと許す

    ・「話したいことがある時は、お母さんはちゃんと、聞くからね」

    ・その子のいまを認めてあげる。
    積極的じゃない時も、慎重すぎるときも。
    気持ちを無視しない。

    ・泣いている状態をどうこうしようと考えない。

    ・役立った、と言われることが自信になる


    ーーー

    内容は、素晴らしいです。
    こんな風に言えたらいいなと思う。
    なので心がけます。

    しかしながら、菩薩のような優しさを身につけないと、これ全部実現するのは、難しい気がする。
    そういう意味では、重いです。

  • 7つのアドラー法則で、子供のやる気を引き出す。子供が思い通りにならなくてイライラする、と親は、ついつい感情的に叱ったりしがちだ。でも、子供だって人格を持った人間。まだまだ、成長過程。人格よりも行動をほめる、周囲との比較ではなくその子の成長を認める、強制ではなく提案をするなど、ちょっとした言葉で子供とのトラブルはなくなる。子育ての目標は、子供の自立。自分で決める、自分で解決する力をつける練習だ。世の中に必要とされている、と実感できれば、子供は育っていく。同じことが、大人の仕事場でも、言えそうだ。

  • 子供にどうやって接すればよいのか良く分かった。えらいね、すごいねとすぐいってしまいがちなので、Iメッセージで具体的に伝えられるように訓練が必要と感じた。

  •  何か参考になる本はないかと手に取ってみました。
    早速実践していることがたくさん書かれていました。
    「これはないな」と思うこともあったので、自分が「いいな」と思ったところをつまんで取り入れて行きます。
    私はこの本ですごく色んなことが見えたような気がする。
    子供とどうかかわったらいいか分からないと思ってるママさん、お勧めですよ。

  • アドラー心理学実践編

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1941年東京生まれ。1984年、日本にアドラー心理学が紹介された当初からアドラー心理学の研究・啓発に携わる第一人者。これまで、アドラー理論によるカウンセリング・子育てアドバイス等で多くの人の問題と向き合ってきた。日本アドラー心理学会評議員などを歴任し、現在、子育てボランティア団体「わいわいギルド」代表。専門は個人カウンセリング、個人心理療法。 『面白くてよくわかる! アドラー心理学』『アドラー心理学で「子どものやる気」を引き出す本』ほか、アドラー心理学関係の著書多数。

「2017年 『困ったときは、トイレにかけこめ! アドラーが教える こころのクセのリセット術』 で使われていた紹介文から引用しています。」

星一郎の作品

ツイートする