なぜ男はギャンブルに走り、女は占いにハマるのか―最新の精神分析学で解く、性差のメカニズム

著者 :
  • 青春出版社
2.80
  • (0)
  • (1)
  • (6)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784413032988

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読了

  • 男と女の性差について、精神分析学者の観点で解説・推測している。すんなりと読めるが、脳科学などの科学的な根拠の提示等は殆どないため、内容の説得力に少し欠ける点は否めない。

  • みんな親のせい?みたいな感じで読み進めました。
    幼児性欲については初めて知りました。
    だんだん教育の話のようになり、けっきょくは精神分析の話でした。
    恋愛における男女の違いを期待していたので残念でした。

  • タイトルが詐欺。
    内容とほとんど被らないじゃんw

    もっと内容濃いですわ。

    このタイトルでボダとか扱うのは、ちと無理ありすぎだと思うな。

  • 【目的】

    【引用】

    【感じたこと】

    【学んだこと】
    「男らしさ」に惹かれる女性。
    妻を「母親」としてみてしまうから、甘えてしまう。
    許してくれると思うから、浮気をしてしまう。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1960年大阪府生まれ。和田秀樹こころと体のクリニック院長。国際医療福祉大学大学院教授、川崎幸病院精神科顧問、一橋大学経済学部非常勤講師。1985年東京大学医学部卒業後、東京大学医学部附属病院精神神経科助手、米国カール・メニンガー精神医学校国際フェローなどを経て現職。

「2018年 『やってはいけない健康診断』 で使われていた紹介文から引用しています。」

和田秀樹の作品

ツイートする