少女監禁―「支配と服従」の密室で、いったい何が起きたのか

著者 :
  • 青春出版社
2.91
  • (0)
  • (1)
  • (8)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784413034302

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 368.6

  • 第一章 小倉少女監禁事件
    第二章 新潟少女監禁事件
    第三章 一家連続殺人事件

    高校の同級生を取り込み愛人に
    金づるにした同級生の一家を六人殲滅
    子供を含む7人を監禁、殺害
    電流を流したりして虐待
    遺体は女性や子供にバラバラにさせる

    ショッキングな事件の概要を、
    著者の主観を交えて追う。

  • 新潟少女監禁事件と、北九州連続殺人事件を取り上げた一冊。
    私見や感情を極力排除し、傍聴で知り得た情報を淡々と綴って行く形式は、読み易く分かり易い。
    しかし、冷淡な視点ではない。あとがきや引用された寄稿文には、醜悪な犯罪に対する怒りとやり切れなさが滲み出ている。
    公判中、もしくは直後に出版された本なので、よりバックグラウンドを知りたいなら、事件を単独で掘り下げた本を探すのがオススメ。

  • 刺激的で扇情的なタイトルだけど、読むと全然違う。「胸糞悪くなる」というままだ。作者自体が「男であることをやめたくなる」と評した通り。
    もっとも、小倉の一家連続殺人事件になってくると、もはや「少女」とか「監禁」とかのワードすら意味を持たない。ただひたすら怖い。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

作家。1937年、朝鮮に生まれる。八幡中央高校卒業後、八幡製鉄所に勤める。2006年から北九州市立文学館館長、北九州市立大学の特任教授、九州国際大学客員教授。『ジャンケンポン協定』で新日本文学賞、『復讐するは我にあり』で直木賞、『身分帳』で伊藤整文学賞を受賞。主な著書に『ドキュメント狭山事件』他多数。

「2011年 『越山 田中角栄』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐木隆三の作品

ツイートする