何を「食」べれば安全か!―肉・魚・野菜 消費者に隠されてきたタブーとは

著者 :
  • 青春出版社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (301ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784413034852

作品紹介・あらすじ

本書では「危ない食べ物」の根も葉も無い根拠を科学的に考察。牛肉、トリ肉、魚、野菜、添加物などへのあらゆる不安を解決する目からウロコの衝撃の書き下ろし。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1943年東京都生まれ。工学博士。専攻は資源材料工学。
東京大学教養学部基礎科学科卒業後、旭化成工業に入社。
同社ウラン濃縮研究所所長、芝浦工業大学教授、名古屋大学大学院教授を経て、2007年より中部大学教授。
テレビ番組「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ)、「ビートたけしのTVタックル」(テレビ朝日)などに出演。
著書『ナポレオンと東條英機』(KKベストセラーズ)、『環境問題はなぜウソがまかり通るのか』3部作(洋泉社)他ベストセラー多数。

「2017年 『武田邦彦の科学的人生論』 で使われていた紹介文から引用しています。」

武田邦彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

何を「食」べれば安全か!―肉・魚・野菜 消費者に隠されてきたタブーとはを本棚に登録しているひと

ツイートする