「疲れがなかなかとれない」と思ったとき読む本―ココロとカラダがすっきり変わるヒント

著者 :
  • 青春出版社
3.40
  • (1)
  • (6)
  • (6)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 40
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784413035361

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 成功する人は缶コーヒーを飲まない 「すべてがうまく回りだす」黄金の食習慣 (講談社プラスアルファ新書)

    に比べるとインパクトの小さい本でした。

    書いてあることはそうだよね、と思い一方、題名から期待するレベルのものは得られませんでした。

    姫野友美氏の主張をより理解、強化する意味ではまあ読んでもよいかな、という感じにとどまります。

  • 専門用語が難しくなくとても読みやすいです。
    自分の疲れの原因が具体的に思い当たることがでてきて、その疲れをとる正しい方法を教えてくれます。
    いやな情報をいい情報に変える、とか、魔の言葉「すみません」を封印する、とか、日常の自分の行動パターンを探ることで、解決の糸口が見つかりそうです。
    解決の糸口といえば、三つのルールが紹介されていました。
    変えなくてもいいものはそのままにし、変えられるものは変え、前にうまく行った経験があればそれを活かす!
    ということだそうです。
    すぐに実践できそうな自分再生の鍵がちりばめられている一冊です。

  • 行動を変えるか。
    ストレスを受け流せるような人が目標。
    おひょいさんみたいな。

  • タイトルに惹かれて読みましたが、どちらかというと心の疲れがとれない時の対処法について書かれているように感じました。

  • 少し楽になったw
    女性向けだねー

  • タイトル通り、「疲れがなかなかとれないなー」と、慢性疲労症候群という存在を知り始めた頃手にした1冊。「〜できない」となっていた自分に、頑張りすぎなんじゃない?と、一言落としてくれた1冊。ストレスと脳への負担。回避する為の考え方からおすすめの食事、栄養。そんな事もサポートされています。

  • なんだかしんどいなぁ〜前向きになりたいなぁ〜って思った時に読むといいかも。
    ちょっとしたアドバイスが身にしみます。
    一人なのが不安な人にオススメの一冊です*

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

医学博士、心療内科医、ひめのともみクリニック院長。静岡県生まれ。東京医科歯科大学医学部卒要。ひめのともみクリニックで多くのビジネスマン、ビジネスウーマンの診察に当たる。テレビ出演多数。著書多数。

「2017年 『浮気の言い訳 ~こんなに違う男女のこころ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

姫野友美の作品

ツイートする