「自分らしい仕事」があなたを変える!―仕事にちょっと悩んだとき読むヒント

著者 :
  • 青春出版社
3.56
  • (1)
  • (3)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784413035620

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • あっちこっちといろいろなところから自分の今を考える視点がある。1つの方向性を探して、「これだ!」とまとめるのではなく、そのどれかが、今の自分にフィットする方向を気づかせてくれるかもしれません。

    また、勢いのある言葉もあって、

    ■人生には必ず長期波動のような波がある。だからまず目先の難しさだけで、自分をダメだと思い込んではならない。大きく長い目で見れば、あまりくよくよすることはないのです。
    ・・・
    違う方向に曲がれといっているならやり過ごすことです。もちろん気まずくはなります。冷遇されるでしょう。けれど上司と部下はやがて組織の改変や人事異動で離れます。今の上司もあなたにとっては外部環境のひとつと捉え、天候の変化のように待つことです。

    とか、

    ■もしあなたが不幸にして、重箱の隅をつつくような上司のもとで働いているとしたら、よく観察して、なぜこの上司がこんなにいやなのかきちんと把握しておくことです。反面教師だと自分に言って聞かせ、染まらないようにし、どうせ三年もすれば異動になる、とじっくり構えていればいいのです。

    とか、

    そして、

    ■ひとつのコップがあって、その形が企業のルールとしましょう。会社はそこにあなたが注げる飲み物を要求している。もしコップがなかったら、あなたが注いだ飲み物はただ流れ去ってしまうだけですよね。
    あなたの能力を受け止めようとしてくれるコップがあるのも、幸運ではありませんか?

    なんて。

    自分が受け取りたいところを受け取って、そして、どうするかじっくり考えてみるといい。

  • 自分に勇気を与えてくれます。自分が今までやってきたことって無駄じゃないんですよね。これが会社のなかで生きてくるんだと感じました。

  • 関心はあるものの、未購入。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

福原 義春(フクハラ ヨシハル)
資生堂名誉会長
1931年東京生まれ。1953年慶應義塾大学経済学部卒業。同年株式会社資生堂に入社。1987年同社代表取締役社長、1997年代表取締役会長を歴任。2001年より名誉会長。資生堂のグローバル展開を導くと同時に、文化芸術の振興にも積極的に取り組み、財界きっての読書家としても知られる。現在、東京都写真美術館名誉館長、企業メセナ協議会名誉会長、文字・活字文化推進機構会長など多くの公職に従事しつつ、幅広い分野で執筆活動も行っている。著書に、『道しるべをさがして』(朝日新聞出版)、『美』(PHP研究所)、『本よむ幸せ』(求龍堂)などがある。

「2018年 『教養読書』 で使われていた紹介文から引用しています。」

福原義春の作品

「自分らしい仕事」があなたを変える!―仕事にちょっと悩んだとき読むヒントを本棚に登録しているひと

ツイートする