発想の道具箱

著者 :
  • 青春出版社
3.12
  • (0)
  • (6)
  • (9)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 36
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784413036832

作品紹介・あらすじ

脳が冴える7つの箱を開けてみよう。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 自己主張(=自慢)が多く鼻につく。しかも内容が浅い。
    「道具」はあまりみつからない。

    ポイントは3つくらい。
    ※創造力を鍛える
    ※思いつきを企画に育てる
    ※頭の中を整理

  • たくさんのアイデア出しの手法がつまっていた。
    アイデアにつまったときに試してみたい手法がたくさんあった。

  • いろんな発想法、アイディアの出し方が書いてあります。

  • 様々な発想の仕方の種類がわかる。
    実際にやってみてから自分に合うのを採用するようにしたら、
    かなり思考の幅が広がりそう。

  • 年3000冊の読書
    コンサルトなどの出力活動
    の著者の発想法がのっていた

    巻頭の
     いい仕事をするには いい道具は欠かせない
    発想法というのは
    道具の一つ 

  • アイディアを生み出す発想の道具を紹介する本。著者はジャーナリストや経営コンサルタントの顔も持ち、3万人の経営者やビジネスパーソンを取材した中で抽出した「使える道具」を紹介している。 アイディアに行き詰ったら本書に記載されている方法をどれかを試してみると何か良いアイディアが生れると思う。

    本書は以下の7部構成になっている。
     ?創造力を鍛える道具箱
      主に考える習慣という観点から考える手法を紹介
     ?思い付きを企画に変える道具箱
      ちょっとした遊びをアイディア創出に変える手法を紹介  
     ?アイディアがあふれ出す道具箱
      考える角度を変えることによりアイディア創出を図る手法を紹介
     ?発想脳が目覚める道具箱
      人間や生物の習慣を生かした発想法を紹介
     ?頭の中を整理する道具箱
      表を使ったり確立されている要約方法を紹介。

    そして面白いと思ったのが
     ?成功を引き寄せる読書法の道具箱
    速読のエッセンスを道具箱として紹介しているのだが、この手のハック本で「読書法」を紹介するのは珍しい。 フォトリーディングにもつながるいわゆる"つまみ読み"的な手法だが、速読に興味がある人には参考になる手法がちりばめられている。

    そして最後は、
     ?情報収集・情報整理の道具箱
    ちょっとした情報整理の方法を紹介。ただ、ここは内容的にボリューム不足の感あり。


    本書で紹介されている手法は、今までこの類の本を読んだことがなかった人には大変役に立つものである。 読みやすく面白い本では有りながら今回の書評(星3つ)になった理由は、単に今まで読んできた本と照らし合わせて、突出するものがなかったからである。

  • さまざまな発想管理手法を並べ、問題解決やアイディア出しの手法増加を狙える。情報からアウトプットへつなげるために、咀嚼した情報を複数の観点や手法で活用する方法論を並べた。一つの手法を深堀りせず、どんどん羅列のため頭がスピーディに気分転換できた。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1957年東京生まれ。早稲田位大学政治経済学部卒業、南カリフォルニア大学大学院修了。経営評論家、経営コンサルタント、大学・ビジネススクール講師など幅広く活躍中。講演・セミナーはとくに外資系企業で圧倒的な人気を呼んでいる。

「2015年 『<決定版>一流のプロの“頭の中”にある仕事の道具箱』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中島孝志の作品

ツイートする