大人の教科書 道徳の時間

制作 : 大人の教科書編纂委員会 
  • 青春出版社
3.29
  • (2)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 25
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784413037860

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 昔から言われている格言、ズバリ勉強になりました。

  • 三葛館一般 150.21||OT

    国境を越えて人が行き来するグローバルな現代社会。価値観の多様性を良しとする時代に、かつて多くの日本人の共通認識であった道徳観もゆらぎつつあります。本書では武家の家訓や寺子屋の教科書など古き良き時代の日本人が愛した教えを紐解きます。先人たちの教えを知り、その心持に思いを馳せれば新たな気持ちで新年のスタートが切れるのではないでしょうか。
                                (ゆず)

    和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=61316

  • 日本の過去から積み上げてきた”倫理道徳”の紹介本です。
    武家の中で家訓として守られてきた倫理観、江戸時代の
    寺子屋で一般常識として伝えられてきたものなど、読んでいて自分を振り返るのによい本となっています。5時間目の章では商売のことにも触れているので、ビジネスの世界でも十分に参考になると思います。

  •  書かれている事はすごくよくわかるし生きていくために必要なこともよくわかる。しかし、ここに書かれていることを一つ一つ真面目に実行していく事が本当に人生を楽しくまっとう出来るのかは疑問に思う。
    世の中、うまくいくことだけがすべてではないならばいったい何が大切なのだろうか?

    どんなものにも よさがある
    どんなひとにも よさがある
    よさがそれぞれ みなちがう
    よさがいっぱい かくれてる
    どこがとりえが あるものだ
    もののとりえを ひきだそう
    ひとのとりえを そだてよう
    じぶんのとりえを ささげよう
    とりえとりえが むすがれて
    このよはたのしい ふえせかい    二宮尊徳

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

学生時代にもっと勉強しておけばよかった、と思う人は多い。常識的なことを知らずに恥をかいてしまった、という人も少なくない。そんな社会人のために「楽しく学べる教科書」をつくろうと集まったのが当委員会である。

「2017年 『大人の教科書 日本史の時間』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ツイートする