狂った世間でおもしろく生きる

著者 :
  • 青春出版社
3.89
  • (2)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784413037891

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 南無そのまんまを唱えよう。仏教のお布施の考えは慈悲で素晴らしい。そのようにできれば愛が深くなるなあ!

  • p.045

    「なぜカメはウサギを起こしてやらないんだ。
    ウサギの横を追い越していくときに、
    一声かけるのが友情というものじゃないか。
    それなのに、このカメはなんて友情のないやつなんだ!」


    p.070
    「布施というと、お金やものをあげたり、
    何かしてあげたりすることだと考えている人が多いかもしれませんが、
    それだけではありません。
    そうした、単なる施しではなく、道元禅師が言っておられるように、
    自分がむさぼらないことと捉えるのが適切です。



    p.074
    「一芸に秀でたりなんかしたら、往々にして視野が狭くなって、
    嫌味な人間になりがちです。
    それよりも、幅広くあれこれに関心を持った人のほうが、視野も広くなり、
    人間的にも幅ができるんじゃないですか。」

  • 少しずつ立ち読み中。「がんばることは悪」という画期的な考え方は、一読の価値アリ!!

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1936年、大阪市に生まれる。東京大学文学部印度哲学科卒業。同大学院人文科学研究科印度哲学専攻博士課程中退。気象大学校教授を経て、現在、仏教・インド思想の研究、執筆等に幅広く活躍。仏教を、一般の人々に平易な言葉で伝えている。主な著書に『仏教の歴史』(全10巻)『仏教 はじめの一歩』『人間の生き方を道元に学ぶ』『因果にこだわるな』『釈迦』『仏陀』『面白いほどよくわかる世界の宗教/宗教の世界』『親鸞』『法然』『道元』『仏教の釈迦・キリスト教のイエス』『大乗仏教の真実』『生活のなかの神道』(以上、春秋社)、『自分らしく生きるための禅』(中経出版)、『日本仏教史』(河出書房新社)、『〈法華経〉の真実』(佼成出版社)、『「孤独」のすすめ』(SBクリエイティブ)、『気にしない、気にしない』(PHP研究所)など600冊を超える。

「2018年 『浄土にまなぶ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ひろさちやの作品

ツイートする