忙しい人ほどうまくいく! たった15分の「週末家事」

著者 :
  • 青春出版社
2.65
  • (0)
  • (3)
  • (17)
  • (8)
  • (3)
本棚登録 : 102
感想 : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784413038263

作品紹介・あらすじ

「平日は忙しくて家事に手が回らない」「週末にもっと自分の時間がほしい」それなら「週末15分家事」をはじめてみませんか?「家事には時間と手間がかかるもの」というのは、思い込みに過ぎません。ちょっとしたコツさえつかめば、誰でも短時間でラクに家事を終えることができるのです。ためこんでも一気に片付く、ドイツ流"家事の賢人"の早ワザ楽ワザ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 掃除も時間を小まめに区切って取り組み、達成感を味わうと良い。

  • 仕事に追われて、家事が重荷になっていたこの頃。
    普段の生活を少し意識することで、負担を軽減できるんだと分かりました。
    早速やってみよう。

    2018/10/02

  • 自分の家事時間をはかる
    掃除機 6分
    床拭き 8分
    じゅうたんそうじ
    キッチン台拭き 30秒
    調理台拭き 30秒
    玄関のはきそうじ 13分
    窓ガラス 7分
    照明器具のほこり 1分
    火の周りシンク 15分
    干す 8分
    とりこみ 15分
    アイロン 20分
    夕飯づくり 15分

    毎週すること
    バスルーム
    洗面所
    そうじき
    床拭き
    リビングの片づけ
    家具のホコリ払い
    レンジ周りの油拭き
    冷蔵庫のせいり

    月に1回すること
    窓ガラス
    床のワックス
    照明ホコリ払い

    3か月に1回すること
    カーテンの洗濯 3.6.9.12月
    網戸 2.5.8.11月
    食器棚シンク下整理掃除 1.4.7.10月

    年に1回すること
    押し入れクローゼット 6月
    家具の後ろのホコリ 12月
    食器棚の掃除と断捨離  2月
    下駄箱の掃除と断捨離 9月

    キッチンの行動パターン
    1キッチンに立ったら
     お湯を沸かしながら濡れふきんで調理台を拭く

    2ケトルを拭く

    3冷蔵庫の出し入れついでに外側をタオルで湯ぶき

    4料理をしながらそうじ
     フライパン料理・・・レンジ台拭く
     使ったシンク・・・乾いたタオルで拭く
     調理台のこぼし・・・菜箸でタオルつかみ拭く
     料理しながら次の食事の準備

    冷蔵庫は70%収納
    朝キッチンに立ったらお湯で固く搾ったふきんで拭く

    重労働を軽くするやり方
    ホコリは上から下へ
    キッチン壁は下から上
    ふくは直線
    みがくは曲線
    長時間同じ動作を繰り返さない
     
    エコ掃除
    レモン レンジにタオルと一緒に30秒チン
    玉ねぎの皮 焦げ付いた鍋5分煮る
    小麦粉 レンジ台の油汚れ
    小麦粉1:牛乳1 洗面器やイスの水垢取り
    ビール かびとり・最後にこする
    小さくなった石鹸 乾いたタオルにこすりスイッチプレート

    週末のタイムテーブル各15分
    ご飯食べてから
    準備掃除機
    玄関
    キッチン
    部屋回り
    窓掃除
    トイレ掃除洗面所
    バスタイム
    風呂掃除

  • 【図書館】トータル15分ではなく、1箇所15分てところに注意。物は仕舞う場所を決めておいて、使ったらすぐ片付ける。使ったついでに掃除する。親に言われ続けてきたことだわ。知ってるとできる・やるとは別。バナナは冷蔵庫に入れない方がいいらしい。

  • 掃除のコツを細かく時間単位で説明してくれている
    日々綺麗を保てることが大事


    計画的に一点集中

    換気
    ながら ついでに掃除
    すぐ取れるところに掃除用具
    収納は70%に

  • 分かりやすくて面白かった!
    週末15分で!とのことですが、タイムスケジュールを見ると
    900~915は○○
    915~930は●●
    ・・・・あれ?と思うこともありましたが、毎週しなくてもいいやん?と思うと気にならなかった

  • 細分化する。
    書き出す。

  • 家事ルールをつくる

    家事のリスト 風呂掃除、トイレ掃除、リビングの掃除機、床の拭き掃除、じゅうたんの掃除、キッチンの床拭き掃除、レンジ台拭き、調理台拭き、シンク磨き、玄関外回りの掃き掃除、窓ガラス磨き、照明器具ホコリ払い

    洗濯物を干す、アイロンがけ、

    料理、買い物

    週のリスト バスルームトイレ洗面所の掃除、掃除機掛け、床の拭き掃除、リビング片付け、家具のホコリ払い、レンジ周りの油拭き、冷蔵庫の掃除と整理
    月に1~2回 窓ガラス拭き、床のワックス掛け、照明器具のホコリ
    3ヶ月に1回、カーテンの洗濯、網戸の掃除、食器棚の掃除、シンク下の掃除と整理
    年に一回 押入れ、クロゼットのホコリ払いと掃除
    家具の後ろのホコリ、食器棚の掃除と整理、下駄箱内の掃除と整理

    一度に全部の掃除機をかけない
    床を出す
    光物をピカピカに
    水回りを清潔に
    整理整頓が最初

    朝起きたら窓を開けて外の空気を深呼吸する
    朝一番に換気
    使った時に掃除、そのほうが落ちやすい
    バスルームは、壁と床付近にお湯をかけてから出る

    70%収納
    汚れたらすぐ濡れタオルで拭く

    モノをためない。
    決めたモノは、それ以上持たない。
    衝動買いしそうになったときは、捨てるものを考えると
    衝動がおさまる。

  • 結局、こまめに、都度都度、汚れをためない。
    物をもちすぎない。ソコソコに。
    って事ですよね。
    それが出来ればねぇ。

  • ずっと読んでいる沖さん。
    はっきりいってずーっと書いてる事変わっていません。
    ブレてない。
    告白すると、読み始めた頃一生懸命本と首っ引きでやってました。
    だから、時々読んで今もやれてる事、止めちゃったこと
    再確認します。
    そうして、もうひとつふたつ、復活させたいなぁ復活させなきゃと
    誓うのです(誓うだけorz)

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

沖 幸子 (おき さちこ)
兵庫県生まれ。生活評論家。家事サポートサービス「フラオ グルッペ」代表。大学客員教授(起業論)や経済産業省、厚生労働省などの政府審議会委員も務める。
神戸大学卒業後、ANA、洗剤メーカーを経て、ドイツ、イギリス、オランダで生活マーケティングを学び、グローバルな視点を持つ暮らしのデザイナー・女性起業家として、テレビ・ラジオ・雑誌などで活躍中。
「そうじのカリスマ」として知られ、家事・暮らしが楽しくなる数々のエッセイや評論は「沖マジック」として話題に。
著書は『ドイツ流 掃除の賢人』(光文社)、『50過ぎたら、ものは引き算、心は足し算』(祥伝社)など10 万部を超えるベストセラーが多数。

「2022年 『70からはメリハリ元気で自然な暮らし』 で使われていた紹介文から引用しています。」

沖幸子の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×