アドラー博士が教える 10代の子には「親の話し方」を変えなさい

著者 : 星一郎
  • 青春出版社 (2012年10月25日発売)
3.46
  • (2)
  • (2)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
  • 40人登録
  • 4レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784413038614

作品紹介

「うるさい!」「別に」「…(無視)」-が返ってくるのは"反抗期だから"ではありません。「子つきあい」の仕方で、親子関係はみるみる良くなる。思春期の子が反発しない6つのポイント。

アドラー博士が教える 10代の子には「親の話し方」を変えなさいの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「子育て」から「子つきあい」へ

    10歳ぐらい、思春期の、親から自立しようとしている子に対しては、「しつける」ではなく「つきあう」という感覚が必要。
    なるほど、アドラーっぽい。
    しかし、それまでの時期は…?

  • 子育てから子付き合いへ。

  • 少し早いけど予習がてら読んでみました。
    また一人、素直にアドバイスを聞ける心理系の方が見つかりました♪

    子どもも10代になると「子育て」ではなく「子つきあい」と思って接すること、とのこと。しっかり覚えておこう。

  • 子供が思春期に入ったら、「子育て」は終わり、「子づきあい」。
    そう聞いて、驚く母親は多いことだろう。
    だが、親も変わるべきなのだ。子供扱いの上から目線はやめよう。
    第1章の言葉ひとつで思春期の心を開く6つのポイントが重要。
    特に、言い争う「勝ち負け」ではなく、「譲る」ということが大切。
    「お母さんはこう思うけれど、どう思う?」という問いかけ方法が有効。
    ちょっとしたウソもつく頃。上手にだまされよう。
    つい、「もっと○○してくれたら」と言いがちだけど止めよう。
    何度失敗しても、信頼して見守るのが親の役目だ。思春期の親必読。

全4件中 1 - 4件を表示

星一郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
スペンサー ジョ...
西 加奈子
朝井 リョウ
伊賀 泰代
三浦 しをん
角田 光代
有効な右矢印 無効な右矢印

アドラー博士が教える 10代の子には「親の話し方」を変えなさいはこんな本です

ツイートする