女を上げる英会話

著者 :
  • 青春出版社
3.60
  • (2)
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784413038881

作品紹介・あらすじ

「ニューヨーカーは冷たい。人種差別ばかり」と不平不満ばかりのA子。一方、B子は、「アメリカ人は欠点も多いけれど、明るくてフェアで長所も多い」と感じている。ある晩、ニューヨークのレストランにA子が行くと「満席です」とムゲもなく断られたが、B子がもう一度店員に聞いたところ、「10分後にはご案内できます」との答え。B子はどんな魔法を使ったのでしょう?周囲から大切にされる女性には、彼女が話す英語とその使い方にその秘密がある。ベストセラー「ルールズ」の翻訳家が明かす、好感をもたれる英語の話し方。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読み物として:かの「ルールズ」を日本に持ち込んで翻訳した方の著作なので、女子とはこうあるべき!な内容。自分には合わないなぁ、と思った。

    英語テキスト:中級向け。
    ある程度苦労せず英語が話せて、質を高めたいと思っている人には物足りない。

    英語をテーマにした、自己啓発本みたいな感じ。

  • 読み物としてもおもしろいし、使ってみたい表現がけっこうあった。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

77年に渡米。ニューヨークで美大卒業後、現地の出版社勤務を経て、91年からノンフィクションライターとして活動。冬はフィギュアスケートの取材も行う。著書に、『知的な英語、好かれる英語』(NHK出版生活新書・4刷)『ニューヨークは美味しい!』(角川oneテーマ新書21)ほか『氷上の光と影~知られざるフィギュアスケート』などフィギュアスケートを題材にした書籍も多数ある。翻訳にロングセラー『がらくたを捨てれば自分が見える』(小学館文庫)ほか、自ら日本に売り込んでベストセラーとなった『ルールズ~理想の男性と結婚するための35の法則』がある。

「2013年 『女を上げる英会話』 で使われていた紹介文から引用しています。」

田村明子の作品

ツイートする