人はなぜ、「そっち」を選んでしまうのか

著者 : 内藤誼人
  • 青春出版社 (2015年3月25日発売)
2.54
  • (0)
  • (0)
  • (8)
  • (4)
  • (1)
  • 24人登録
  • 5レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784413039499

作品紹介

◎「右」の道と「左」の道、無意識に行くのはどっち?◎10個入りと2個入りのお菓子、おいしく感じるのは…?◎10本中1本当たりのくじと、100本中本当たりのくじ、売れるのはどちらか?――その選択は、あなたの無意識に支配されている!知らないとコワい“選択の心理学”。

人はなぜ、「そっち」を選んでしまうのかの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「看板に偽りあり」かもしれません。
    「『そっち』を選ぶ」現象については、いろいろと触れられていますが、「なぜ」選ぶのかについては、ほとんど説明がないからです。

    また、「『そっち』を選ぶ」現象についての精度に関しても、あまり高くないかも、という印象を受けました。

    とはいえ、話のネタにはなりそうなので、★★★☆☆としました。

  • 2017.5.21

    図書館で、借りる前に読破。

    選択肢が多い人と少ない人、満足度が高いのは選択肢が少ない人
    →選択肢が多いと、選んだ後に後悔する人が多い。選択肢が多ければ多いほど、1つを選んだ時に他の選択肢が魅力的に感じてしまうらしい。


    同じ条件の男性2人が告白したら、女性はどちらを選ぶか
    →より自分の父親に似ている人。
    見慣れた人の方が心を許せる。全く自分が見たこ
    ことのないタイプより安心して付き合いやすいらしい。
    うーん、納得。心当たりアリ。

  • 統計に基づく心理学。数字のトリックとか。

  • 右と左を選択するとき、左を選ぶ人が多いのはなぜか?などを心理学の見地で紹介している。
    それをもとにすべての行動を決めようとは思わないが、雑学的には面白いかなって思った。

  • 「選択の心理学」と題名は仰々しいが、あちこちから実験データを引用して、その結果を羅列して示しているだけのような。
    その上、その結論は、どれもこれもそりゃあそうだろうといったものがほとんどで、膝を叩くようなものはほとんどない。
    知らないとコワい「選択の心理学」とキャッチフレーズにあるが、手に取ったのがコワい「選択ミスの心理学本」となってしまった。

全5件中 1 - 5件を表示

内藤誼人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
百田尚樹
池井戸 潤
メンタリスト D...
湊 かなえ
宮下 奈都
東野 圭吾
池井戸 潤
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

人はなぜ、「そっち」を選んでしまうのかはこんな本です

ツイートする