あなたの脳のしつけ方

著者 :
  • 青春出版社
3.59
  • (11)
  • (19)
  • (21)
  • (7)
  • (0)
本棚登録 : 289
レビュー : 24
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784413039772

作品紹介・あらすじ

仕事、恋愛、人間関係…うまくいかない原因はズバリ「脳」にあります。「脳」は意外と単純にできています。こう刺激すれば、こう反応するというお決まりのパターンがあります。まるで筋肉を動かすかのように、脳をうまくしつけて思いどおりに働かせれば、仕事はバリバリ、異性にモテモテ、人生はキラキラ…となること間違いなし。本書は、「脳」にうまく働いてもらうことで、仕事・プライベートをうまく展開する術を、大人気脳科学者が大公開する一冊!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 作業はあえてキリの悪いところでやめるといい?アイデア力を鍛えるには歴史を精査するといい?努力する才能に恵まれた人とそうでない人がいる?運を良くする驚くべき方法とは?といった、ホンマでっか?!的な内容が盛りだくさん。集中力、記憶力、判断力、モテ力、アイデア力、努力、強運力、愛情力、どれか一つでも鍛えたいものがあるなら、脳の仕組みをうまく利用するといいかもしれない。

    集中力
    あえてキリの悪いところで作業をやめる。すると中断している間にも脳内で考え続けているのでアイデアが生まれやすい。勉強も同じ。

    人目につく場所で勉強すると、緩やかな圧力がかかるので集中できる。

    やる気が出ないのはセロトニン不足。セロトニンを合成する際の原料となる、必須アミノ酸の一種「トリプトファン」を多く含む食材は、カツオやレバー、パスタ、チーズ。基本的にはタンパク質に多く含まれるが、タンパク質以外でも、落花生、ごま、ホウレンソウ、豆もやしなどにも多く含まれている。
    湯船に浸かる。ウォーキング。甘いものも効果的。


    アイデア力
    歴史を精査し、過去のアイデアなり解決策を、目の前の問題と結びつけてアレンジすること。アイデアは"思いつくもの"ではなく、「過去から拾ってきて応用するもの」

    努力のしつけ方
    努力する才能に恵まれた人とは、努力をうまく楽しみや快感に変換できる人

    強運力のしつけ方
    運の良い人とは勝ち癖がついている人。教養を身につける。成功体験を増やす。
    今いる環境よりも自分に向いていて勝ち運が上がりそうな環境に変える。

    内観日記に、その日に自分の感情が動いたことを記録する。

  • 2018 10/14

  • 著書を続けて読んできたので、集大成というか復習というか。なるほどねーと思う半分、この手の本を読むとやはり脳を利用して自分をコントロールするモヤモヤのような、エンドレス思考に陥ることがあるので、振り回されないよう(毒されない程度)に知識として知っておこうと思う。勉強になった。知識の部分と、著者個人の意見、思想の部分は切り分けて吸収したい。

  • 中野信子さん自身が、自分自身のありように苦しみながら、なんとか脳科学の知識を使って、自分の脳を「しつけ」てきた、その結晶といえる本、だそうです。
    彼女の本を読んだのは4冊目、いちばん面白かったです。
    自分の思っていることを確認できたっていうか。

    ひとつ、最後の「愛情力のしつけ方」が、まったく考えたこともない御意見でした。
    プレイリーハタネズミは哺乳類では珍しく一夫一妻制で、アメリカハタネズミのオスは逆にさすらいつづけては出会ったメスと次々関係を結ぶ。
    実験したところ、プレイリーにはAVP受容体(愛情形成に大きくかかわる、脳下垂体で分泌される物質)が多かったそうです。
    そしてアメリカハタネズミのAVP受容体を遺伝子操作で強制的に増やしてみたら、なんと一夫一妻制になったのです!

    つまり愛情形成は脳の構造によるところが多いということ。
    では人を愛せない人はどうやって愛情力を伸ばすか?
    それはこの本を読んでもらうとして、では愛情力を伸ばすとどんないいことがあるか?
    ここで私が書きたいのはそのことです。

    詳しく説明されていますが、まとめるとこういうことです。
    「人を愛し、思うことで、かえって自分の脳が聡明になり、体も健康になる。また、誰かのために尽くすことで大きな快感を得られるし、相手が感じた喜びまでもが自分の喜びのように感じられる。さらにはより多くの人を思うことで、そういった恩恵もいっそう大きくなる」
    「人を愛し、誰かのために行動することで、人は確実に“幸福度”をあげることができます。これまで人を愛することが苦手だった人でも、まずは身のまわりのところから始めてみてはいかがでしょうか」

  • 「一流音楽家とそうでない音楽家の違いは練習量」というのはつい最近どこかでも読んだような気が。ある部分のことは精神的なことではなく、脳や遺伝子がそうなっていることが原因。エジソンの有名は言葉は、ちょうど先日「タイムボカン24」でやっていて、シンクロ。運のいい人と悪い人の話はなるほどと納得。

  • 「集中力のしつけ方」「記憶力のしつけ方」などに分けて、人間の脳のしくみをわかりやすく解説している。もとは雑誌に連載されていたらしい。
     「もっと集中できたらいいのにー」「もっと切り返しが上手かったらいいのにー」と、普段思うようにいかない場合は、実は脳のしくみによるものが多い。そしてそれは一見不便なように見えて生存に関わるしくみであることがわかった。

  • 中野信子の、文字通り脳についての習慣化することを目的とした一冊。

    言うは易し、行うは難し。

  • なるほどー。

  • 2017年3月14日 夫からのプレゼント。

  • 2017年4月読了
    2時間で読み終わる。その軽さ,雑誌並。
    楽しいし,役に立つのかもしれないですが。

全24件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

中野 信子(なかの のぶこ)
1975年東京都生まれの認知神経科学者。現在、東日本国際大学特任教授。
2008年、東京大学大学院医学系研究科脳神経医学専攻博士課程修了。博士論文は「高次聴覚認知における知覚的範疇化の神経機構 fMRI・TMSによる複合的検討」。フランス国立研究所ニューロスピン博士研究員、東日本国際大学客員教授・横浜市立大学客員准教授を経て、現職。
多くの一般向け啓蒙作があり、代表作として『サイコパス』『脳内麻薬』。

あなたの脳のしつけ方のその他の作品

あなたの脳のしつけ方 Kindle版 あなたの脳のしつけ方 中野信子

中野信子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
クリス・ギレボー
メンタリストDa...
リンダ グラット...
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

あなたの脳のしつけ方を本棚に登録しているひと

ツイートする