「出雲」からたどる古代日本の謎 (プレイブックスインテリジェンス)

著者 :
  • 青春出版社
2.89
  • (0)
  • (0)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (201ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784413040747

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • スサノオ神を信仰する人々は、奥出雲が製鉄で知られることから、製鉄集団と推測できる。
    古代の砂鉄は、川砂鉄や浜砂鉄の採取が中心だったと考えられる。近世のたたら製鉄は、山の土砂から鉄穴流しの技法を用いる山砂鉄を使ったため、いくつかの山が平地になってしまった。

  • ・日本書紀、古事記は大和中心の記録なので、
     出雲をその見方以外で見てみようという話
    ・ちょっとマニアックすぎる
    ・この本のダイジェストぐらいがちょうどよいかも
    ・義父から拝借

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1953年北海道生まれ。現在、駒澤大学教授。日本古代史、特に『風土記』を基本史料とした地域史の研究を進めている。著書に『風土記から見る日本列島の古代史』 (平凡社)、『封印された古代史の謎大全』『古代日本の実像をひもとく出雲の謎大全』(いずれも小社刊)ほか多数。

「2018年 『図説 『日本書紀』と『宋書』で読み解く!謎の四世紀と倭の五王』 で使われていた紹介文から引用しています。」

瀧音能之の作品

ツイートする