日本人の禁忌―忌み言葉、鬼門、縁起かつぎ…人は何を恐れたのか (プレイブックス・インテリジェンス)

  • 124人登録
  • 2.90評価
    • (0)
    • (8)
    • (43)
    • (6)
    • (4)
  • 16レビュー
制作 : 新谷 尚紀 
  • 青春出版社 (2003年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (185ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784413040792

作品紹介

見てはいけない、入ってはいけない、触れてはいけない。先人から受け継がれた、「心のしきたり」に迫る。

日本人の禁忌―忌み言葉、鬼門、縁起かつぎ…人は何を恐れたのか (プレイブックス・インテリジェンス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ならべただけ

  • なぜ人はタブーを忌み嫌うのか。各禁忌について理由と共に記した一冊。雑学は増える。

  • 面白かったですー。
    古いしきたりは、現代では迷信だと思われがちですが、先人の教えがこめられているんですね。
    昔の日本人は日常の中で神を意識して生きていたんだなーと思いました。宗教という括りじゃなくて自然に、普段の生活の中で。
    あと、墓場で転ぶのは本当にタブーみたいですね!! 気をつけなきゃ!

  • 日本人が生活の中で守っている禁止事項について、歴史的背景と共に民俗学的に解説された本。
    掲載事項はどれも、日本人なら誰もが知っているようなタブーばかりです。

    まず、日本の大いなるタブーとは、「見る」ということだと著者は説きます。
    確かに、「見てはならない」と見ることを禁じる話は、「鶴女房」「イザナギ・イザナミ」「浦島太郎」天皇の大嘗祭、丑の刻参りなど、枚挙にいとまがありません。
    「秘仏の御開帳」もそこに含まれるそうです。
    つまりは、視線を遮断することで、霊的エネルギーや呪術的なパワーをとりこむという古来からの考え方がなすタブーとなっているそうです。

    家康の孫の千姫は、再婚するために亡き秀頼と離縁する必要があったため、縁切り寺の満徳寺(群馬県)に入ったとも知りました。
    実際には乳母が身代りとして入ったそうで、(身代りもありなんだ)と新鮮な驚きでした。

    また、アングロサクソン系は見ることを避ける文化、ラテン系、アラブ系は見ることを重視する文化だとも書かれていました。
    興味深い指摘です。これから注意して比較してみたいと思います。

    また、平将門の梟首(さらし首)は、文献上初めて出てくるものだそうです。

    「雛人形を3月3日を過ぎたら飾っていてはいけない」と言われるのは、現代では「婚期が遅れるから」とされますが、もともと少女の厄や穢れを移して流し去る流し雛だったため、お祓いの人形を長く手元に留め置いてはいけない、という意味があるそうです。

    「鬼門」や「女人禁制」といった古来のものから「恋人同士で井の頭公園に行ってはいけない」という都市伝説のようなものまで幅広く取り上げられており、興味が切れることはありませんでした。

  • ウ〜ン、何かパッとしないな〜。読後の爽快感は無いな

  • [ 内容 ]
    見てはいけない、入ってはいけない、触れてはいけない。
    先人から受け継がれた、「心のしきたり」に迫る。

    [ 目次 ]
    第1章 なぜ「してはいけない」のか(最初の禁忌破り 根源の禁忌、性 ほか)
    第2章 日本史のなかの禁忌を読み解く(禁忌という言葉の歴史 古代の禁忌 ほか)
    第3章 「見るな」「覗くな」の伝承(「見る」という意味 神話のなかの「見るな」 ほか)
    第4章 暮らしに息づく日本人の禁忌(衣食住と禁忌 仕事と禁忌 ほか)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 日本人のタブーについて、タブーそのものの発生から日本史の中でのタブー、今も脈々と受け継がれるタブーから考察する。

  • 「六曜」
     先勝(旧暦正月、7月の1日)
     友引(2,8)・先負(3,9)
     仏滅(4,10)・大安(5,11)
     赤口(6,12)

  • 雑学。最近だとへーというものがほとんどかな。
    期待はずれ。。。あんまり深くもなく、民俗学的側面もすくない。

  • もう少し新しい発見が欲しかったところです。

全16件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

日本人の禁忌―忌み言葉、鬼門、縁起かつぎ…人は何を恐れたのか (プレイブックス・インテリジェンス)はこんな本です

日本人の禁忌―忌み言葉、鬼門、縁起かつぎ…人は何を恐れたのか (プレイブックス・インテリジェンス)を本棚に登録しているひと

ツイートする