逃げる「孫子」―他を凌駕する“兵法”の原点とは (プレイブックス・インテリジェンス)

  • 14人登録
  • 2.80評価
    • (0)
    • (0)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 守屋淳
  • 青春出版社 (2004年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784413040990

逃げる「孫子」―他を凌駕する“兵法”の原点とは (プレイブックス・インテリジェンス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 意外なほど面白かった。

    クラウゼビッツの戦争論と対比させ、
    ビジネス書とベトナム戦争をリンクさせ、
    三国志と毛沢東とホー・チ・ミンも説明する。

    個人的にツボに入る本であります。
    孫子で語るビジネスとか軽蔑していたけど、
    思ったよりも面白いものだな。見直しました。

  • ●兵は拙速を聞くも未だ功の久しきをみざるなり

全2件中 1 - 2件を表示

守屋淳の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トニー・ブザン
有効な右矢印 無効な右矢印

逃げる「孫子」―他を凌駕する“兵法”の原点とは (プレイブックス・インテリジェンス)はこんな本です

逃げる「孫子」―他を凌駕する“兵法”の原点とは (プレイブックス・インテリジェンス)を本棚に登録しているひと

ツイートする