日本人が大切にしてきた季節の言葉 (青春新書インテリジェンスシリーズ)

  • 32人登録
  • 3.25評価
    • (0)
    • (2)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 復本一郎
  • 青春出版社 (2007年11月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784413041867

日本人が大切にしてきた季節の言葉 (青春新書インテリジェンスシリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • jpn 日本

  • 復本一郎氏の「日本人が大切にしてきた季節の言葉」、2007.11発行です。約2万語あるそうです。この本では、暮らし・時候・動物・天候の4つの区分で、それぞれ春夏秋冬ごとに160の言葉が収録されています。春で例示してみますと・・・、暮らし関係では「花衣」(花見に着ていくはなやかな衣装)。時候関係では「山笑う」(山滴る・山装う・山眠る)や「水温む」、桜の花の開花は「花笑う」「花笑む」。動物関係では「獺祭」山口県の美味しいお酒にもありましたねw。かわうそが魚類を並べる習性をいうそうですね。天候関係では「東風」。

  • 俳論史研究者にして俳人でもある筆者による季語の抜粋解説書。

    いや…日本に四季があって本当によかった。


    読みながら3年分くらい美しい季節の移り変わりを体感した心地。


    歳時記が欲しくなった。

  • いわゆる歳時記の抜粋なんですが、入門書としてはいいのではないかと

全4件中 1 - 4件を表示

復本一郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

日本人が大切にしてきた季節の言葉 (青春新書インテリジェンスシリーズ)はこんな本です

ツイートする